【比較レビュー】TIME MORE「栗子X lite」の性能検証!栗子C3・Xとの違いを数値化した結果・・・

TIME MORE
chestnut X lite

ネタバレすると、2022年ついに登場した今年度最強のコーヒーミルです。

何故に最強と言えるんや?
今までに他社で実現不能だった切削領域に達したからですね

手挽きミル界隈では近年ステンレス刃が主流となり、性能の差別化が難しくなりました。

特にアジアでは多くの企業が似た刃で製品を販売し、完全に飽和状態です。

その中でも、最前線を走っていたのがタイムモア。

低コストかつ高級ミルに匹敵する栗子C2は、多くの人気を集めて一躍有名になりました。

それに追随するように、似た刃を持つ製品がこぞって登場しています。

という流れで、タイムモアは差別化のために新たな刃を開発する必要がありました

そして生まれたのがS2C刃。

S2Cは「Spike to Cut(突き刺して切る)」という考え方をコンセプトにした刃です。
他社にはないタイムモアの開発力が生み出した技術の集大成やな

栗子Xに始まり、栗子C3・栗子X liteの登場でS2Cのラインナップは3台になりました。

これでタイムモアは、他社とは全く異なる強力な独自性を手に入れたと言えます。

そして刃は見た目だけでなく、実用面でも大きな進化を遂げています。

その進化した刃こそ、X liteで使用されている「S2C 880」です。

S2Cはそれぞれ、下記の仕様に分かれます。

S2C刃比較一覧
栗子X:S2C 860(SUS440/42mm
栗子lite:S2C 880(SUS440/42mm
栗子C3:S2C 660(SUS420/38mm
栗子X liteに使用されるS2C 880は、過去30種類以上のコーヒーミルを数値検証した中でも異次元のレベル!

正直、X liteは次世代機と言ってもええくらいやで
そんなX liteの実力を、検証結果を通して詳しくチェックしていきましょう。

挽き目の目安・分布検証

同一の豆を用いて、最小粒度とそれぞれの抽出方法に適した挽き目を検証します。

ミルの表記について
▪︎C2(TIME MORE):T.M-C2
 ・通常版:N
 ・ロイヤルブルー:RB
 ・シャンパンゴールド:CG
▪︎C3(TIME MORE):T.M-C2
▪︎栗子X(TIME MORE):T.M-X
▪︎slim+(TIME MORE):SLIM-P
▪︎ポーレックス:PORLEX
▪︎Barista Pro(Zassenhaus):Z,H-BP

極細挽き・細挽き

検証概要
▪︎豆量:10g
▪︎目開き:600/700μm

X liteの表記上の最小粒度は5クリックとなっています。

ダイヤルに数字が振られており、数字の間の「・」は0.5クリックとのこと。

X lite挽き目細挽き

検証した結果、推奨粒度ではエスプレッソ挽きはできない事がわかりました。
 
5以下なら極細挽きできますが、3以下は刃を痛める可能性があるため非推奨です。
説明書上では3以下が使用禁止やけど、逆に3.5以上は使用可能ってことか?

この点に関し、いーてんさんが確認してくださっていたので引用致します。

確認の結果、4.5以下では使用しない方が良いとの結論になりました。
やるとしても自己責任って事ですね

中挽き

検証概要
▪︎豆量:20g
▪︎目開き:500/800/1100/1400μm

中挽きの定義は様々ですが、当サイトはカルディの挽き目「8」を基準にします。

入手しやすくチェーン系列の中で一番粒度が均一なため、中挽きの基準として参考にしやすいです♪

検証の結果、中挽きの基準は「13.5」~「15」が適しています。
 
今回はやけに範囲が広いな

というのも、他のミルと明らかに分布が違うためです。

 
最大粒径が小さくなっても、800μm以下の粒度に大きな変化がないですね

栗子 Xと比較してもその差は歴然。全くの別物です。
コマンダンテもXに近い分布やし、味の想像が全くつかんな

つまりX liteは、極限まで粒度のバラつきを減らす事に成功しています。

今まで見た中で、X liteほどの均一性を実現できたミルはありません。

X liteは性能上、これ以上ないレベルの新領域に到達したと言えますね
【2022年11月更新】Xliteの中挽きについて、検証方法を改めて追記しました
珈琲器具研究室「こまめ家」

こんにちは!三度の飯よりTIMEMOREのこまめです! 今回はリクエストにお応えしてTIMEMORE「Xlit……

Mahlkonig「EK43」とも粒度分布を比較し、Xliteの挽き目がどの程度凄いのかを確認できます。
 
手挽ミルは、世界最強のグラインダーにどの程度付いてこれるやろか

粗挽き

検証概要
▪︎豆量:10g
▪︎目開き:1400/1600μm

上記の概要を踏まえてJPproの挽き目「125」と比較し、どの程度粗挽きに対応できるかチェックします。
JPproの分布(挽き目「125」)
▪︎1601μm~:3.3g
▪︎1401~1600μm:2.2g

結果「23」が近い挽き目となりました。

比較すると、粗挽きでも粒度が揃っている事がよくわかります。

 
中挽きだけでなく、粗挽きも適切な粒度で楽しめますね!
 
1段階ごとの幅も狭いから、微調整できる点もええな

微粉量検証

検証内容
▪︎豆量:20g
▪︎目開き:400μm
▪︎スクリーニング時間:3分

当サイトでは、400μm以下を微粉として扱います。

400μmとは、ターキッシュ(トルコ式)コーヒーに使用される超極細の粒度です。
小麦粉よりも少し大きめの細さやで

お湯に溶かすとこのようにドロ状になります。

上記を踏まえてX liteの中挽き・粗挽きの性能をチェックしましょう。

検証の結果、案の定とんでもない数値を叩き出しました。
 
他と比較しても明らかに少ないな

 
ちなみに0.1gの違いを見える化するとこれくらいの差です

0.1gでこれだけ違うので、1g近い差がどれほど大きいかよくわかります。
 
この微粉量なら、メッシュフィルターやプレスにも積極的に使いたいな!

エスプレッソ抽出検証

抽出レシピ

▪︎機材:Francis Francis X3
▪︎粉量:16g
▪︎圧力:9気圧以上

▪︎抽出時間:20秒以上を目標
▪︎タンピング圧:10~15kg
▪︎バスケットサイズ:49mm
FrancisFrancis X3はバスケットに詰め込める粉量が16gで限界。

機材自体は優秀ですが、相応の性能を持つミルでないと抽出はできません。

検証したところ、4.5クリックで21秒になりました。
 
推奨粒度より下ですが、一応挽く事自体は可能ですね

基本的に推奨粒度の「5」ではエスプレッソ抽出できないため、細挽きからの使用が妥当です。

 
結論、極細挽きは不可ってことやな

グラインド速度比較検証

検証概要
▪︎豆量:20g
▪︎挽き目:15

上記内容でX liteの回転数とグラインド時間を測定します。

確認した結果52秒(102回転)という結果になりました。
 
Xよりは速くなり、挽きやすさと速度が絶妙な感じですね

ドリップ検証

今回は協力を得て、以下3種をブラインドで3度味比較しました。

比較対象一覧
▪︎JPpro(1Zpresso):80クリック
▪︎栗子C3(TIME MORE):18クリック
▪︎栗子X lite(TIME MORE):15クリック
レシピは下記の通り!

使用豆はシングルオリジンを使用し、マシン抽出で抽出者のテクニックによるブレを防止しています。
分布的にはX liteが1番薄くなりそうやな

検証した結果、最も味がクリアで華やかなフレーバーを感じたのはX liteでした。
どれも明らかにフレーバーが異なるため、結構簡単に当てられましたね

3種を赤ワインで例えると、こんなフレーバーです。

▪︎JPpro(1Zpresso):スモーキー
▪︎栗子C3(TIME MORE):ミドルボディ
▪︎栗子X lite(TIME MORE):ライトボディ
今回はコロンビア「カスティージョ/ナチュラル」を使ったから、酸の重さ・渋みに結構変化があったな
X liteはスッキリした風味でありながら、比較した中で最も果物感と爽やかな酸味が感じられました。
 
C3に比べて、ハッキリと輪郭のある仕上がりになっていたのが印象的ですね!

あくまでも個人の味覚の感想なので、ご参考程度にお考えください。

TIME MORE「栗子X lite」の評価

手挽きミル評価軸(◎・○・△・×)
■挽き目の範囲:○(細~粗挽き
■微粉量   :◎(非常に少ない
■挽き心地  :◎(非常に良い
■メンテナンス:◎(非常に簡単
■粉砕速度  :△(やや遅い
■持ち歩き  :△(やや重い

栗子Xは万能タイプだったのに対し、X liteはドリップ向きの仕上がりになっています。

 
 liteって書いてるからてっきり廉価版かと思ったら、めちゃ進化してるやん
 
栗子Xでネックに感じていたポイントを、ほぼ解決していますね

代わりに極細挽きは実質不可のため、万能さを求める場合は栗子Xやコマンダンテが優位。

プレス・ドリップ中心の場合はX liteとか、抽出方法での使い分けもアリやな

何にしても、X liteで体験する味はきっとあなたのコーヒーライフに衝撃と感動を与えるはず。

その違いを、是非他のミルと比較して検討してみて下さい!
created by Rinker
TIMEMORE
¥22,980 (2022/11/28 10:24:24時点 Amazon調べ-詳細)

栗子C3をチェックする

X liteと同じくS2Cを採用した廉価版モデル。

コチラも極細挽きから対応できる機種で、高機能かつ低コストが魅力。

容量は20g程度ですが、微粉も比較的少なめで粗挽きにも強いです。

挽き心地も良く、どんな人でも使いやすいバランスの良い仕上がりになっています。

 
コスト面を考慮したい場合は、C3もおすすめですよ♪
関連記事

[adcode] 安くて高性能なコーヒーミルといえば?   勿論C2やろ C2はTIME MOREという中国のメーカーが開発した高性能手挽きミルです。 今となっては知名度が非常に高く、手挽きミルで検索すれば[…]

手挽きミル評価軸(◎・○・△・×)
■挽き目の範囲:◎(極細挽き~粗挽き
■微粉量   :○(少ない
■挽き心地  :◎(非常に良い
■メンテナンス:○(簡単・清潔
■粉砕速度  :○(速い
■持ち歩き  :○(良い

栗子Xをチェックする

X liteの前モデルにあたる高級ミル。

挽き心地が非常に軽く、折りたたみハンドルで収納に優れています。

代わりに本体がツルツル・重い・メンテが複雑なのが難点。

極端な性能ですが、浅煎り豆の挽きやすさと独特の機構は非常に魅力的。

 
X liteがどれだけ進化したのか、原点のXをチェックするのもいいかもしれませんね!
関連記事

【2021年10月27日更新】新たな検証方法を用いてタイムモア栗子Xの情報をバーションアップしました。 ↓最新の検証記事はコチラ↓ [sitecard subtitle=関連記事 url=https://seikatu-goods.co[…]

手挽きミル評価軸(◎・○・△・×)
■挽き目の範囲:◎(極細挽き~粗挽き
■微粉量   :◎(非常に少ない
■挽き心地  :○(良いが滑りやすい
■メンテナンス:△(機構が複雑
■粉砕速度  :×(遅い
■持ち歩き  :△(重い/収納面は良好

JPproをチェックする

1Zpresso社が販売するJPproは、外側に粒度調整ダイヤルがついた革命的なミルです。

一目で挽き具合が確認でき、インスタントに挽き目を変更できる利便性が人気。

また、手挽きミルの中では最も噛み込み量が多く、素早くグラインドできる点も優秀です。

 
逆に噛み込み量が多すぎるから、斜め挽きは必須やで

味にもJPproならではの風味が出るため、使用する豆によって評価が分かれる珍しいミルでもあります。
関連記事

[adcode] 1Zpressoをご存知でしょうか? 2014年に台湾で創業したコーヒー器具のメーカーです。 その中でも2019年に発売したZproは、革新的な外ダイヤル方式で多くのユーザーを驚かせました。 即[…]

手挽きミル評価軸(◎・○・△・×)
■挽き目の範囲:◎(極細~粗挽き
■微粉量   :○(少ない
■挽き心地  :○(挽き方に工夫必要
■メンテナンス:△(複雑・コツが必要
■粉砕速度  :◎(速い
■持ち歩き  :△(やや重い
この記事はあなたの役に立ちましたか?「こんな情報も欲しい」というご要望あれば、お気軽にご連絡ください!
ブックマーク・シェアもしてな~