【比較レビュー】1Zpresso「JPpro」の挽き目・微粉量を数値検証した結果・・・

  • URLをコピーしました!

1Zpressoをご存知でしょうか?

2014年に台湾で創業したコーヒー器具のメーカーです。

その中でも2019年に発売したZproは、革新的な外ダイヤル方式で多くのユーザーを驚かせました。

即座に挽き目を変更できる手軽さ、精度の高さでコマンダンテと比較される事もしばしば。

そんな感動も束の間、今度は2021年に次世代モデルJPproが登場しました。

JPproは日本限定モデルで、海外ではKproなど他のバージョンも存在します。

こまめ

実は過去にJPproを検証・紹介しているんですよね

たろ

2022年に精度の高い検証方法に刷新したから、JPproの性能を再検証しようって話やな

今回は改めてJPproのの凄さを、検証を通してわかりやすく紹介していきます。

created by Rinker
Logic(ロジック)
¥43,780 (2024/02/23 17:13:00時点 Amazon調べ-詳細)
目次

挽き目の目安・分布検証

同一の豆を用いて、最小粒度とそれぞれの抽出方法に適した挽き目を検証します。

ミルの表記について
▪︎C2(TIME MORE):T.M-C2
 ・通常版:N
 ・ロイヤルブルー:RB
 ・シャンパンゴールド:CG
▪︎C3(TIME MORE):T.M-C2
▪︎栗子X(TIME MORE):T.M-X
▪︎slim+(TIME MORE):SLIM-P
▪︎ポーレックス:PORLEX
▪︎Barista Pro(Zassenhaus):Z,H-BP

極細挽き・細挽き

検証概要
▪︎豆量:10g
▪︎目開き:600/700μm

JPproの最小粒度は15クリックとなっています。

たろ

でも豆が詰まって全然出てこないから、25クリックからスタートするで!

検証した結果「35」~「38」あたりが適正範囲でした。

こまめ

「25」~「30」周辺はトルココーヒーに使用できるくらい細かいですね

ある程度微調整ができるため、エスプレッソにおける適正は高いと言えます。

み〜ま

後程、エスプレッソ検証でどこまで抽出適正か確認しよ〜

中挽き

検証概要
▪︎豆量:20g
▪︎目開き:500/800/1100/1400μm

中挽きの定義は様々ですが、当サイトはカルディの挽き目「8」を基準にします。

こまめ

入手しやすくチェーン系列の中で一番粒度が均一なため、中挽きの基準として参考にしやすいです♪

検証の結果、中挽きの基準は「80」が適しています。

み〜ま

コマンダンテと比較すると「1101~1400μm」の分布に大きな違いがあるね〜

全体的にクリアな仕上がりになりやすく、コマンダンテと味が違うのも納得できる数値です。

たろ

似ている分布やと、C2MAX(TIME MORE)やな

比較するとJPproの方がC2MAXより調整幅に優れ、純粋な上位互換のような性能です。

粗挽き

検証概要
▪︎豆量:10g
▪︎目開き:1400/1600μm

JPproは粗挽きにも優れ、挽き目「125」を粗挽き比較の上限値として設定しています。

たろ

X liteの登場までは、粗挽きの均一性が手挽きミルの中で最も高かったからやな

30種類以上のミルを検証してきましたが、JP proの均一性を超えたのはX liteが初めてです。

それまでは、以下のような挽き目のミルが多くを占めていました。

こまめ

極細~粗挽きまでできて均一性も高いなんて、とんでもない性能ですね

微粉量検証

検証内容
▪︎豆量:20g
▪︎目開き:400μm
▪︎スクリーニング時間:3分

当サイトでは、400μm以下を微粉として扱います。

400μmとは、ターキッシュ(トルコ式)コーヒーに使用される超極細の粒度です。

たろ

小麦粉よりも少し大きめの細さやで

お湯に溶かすとこのようにドロ状になります。

み〜ま

上記を踏まえてJPproの中挽き・粗挽きの性能をチェックしよ〜

検証の結果、微粉量は平均値よりも少ない事がわかりました。

こまめ

ちなみに0.1gでもこれだけ違うので、案外軽視できませんね

JPproであれば、微粉が気になるプレスやメッシュフィルターも気兼ねなく楽しめるでしょう。

エスプレッソ抽出検証

抽出レシピ
  • 機材:Francis Francis X3
  • 粉量:16g
  • 圧力:9気圧以上
  • 抽出時間:20秒以上を目標
  • タンピング圧:10~15kg
  • バスケットサイズ:49mm
FrancisFrancis X3のバスケットに入る粉量の限度は16g

機材自体は優秀ですが、相応の性能を持つミルでないと抽出はできません。

検証したところ、39クリックで20秒になりました。

こまめ

挽き目の検証数値通りの結果になりましたね!

微調整も難なくこなせるため、どんなエスプレッソマシンでも対応できる事がわかります。

たろ

家庭用レベルならまず困る事はないな

グラインド速度比較検証

検証概要
▪︎豆量:20g
▪︎挽き目:30

上記内容でJPproの回転数とグラインド時間を測定します。

確認した結果27秒(54回転)という結果になりました。

こまめ

現状手挽きミルの中でも最速ですね

噛み込み量が桁違いですが、早い代わりに硬い豆のグラインドには注意が必要です。

水平挽きはハンドルが非常に固くなるため、斜めに持つことをオススメします。

たろ

これで快適にグラインドできるで!

1Zpresso「JPpro」の評価

手挽きミル評価軸(◎・○・△・×)
■挽き目の範囲:◎(極細~粗挽き)
■微粉量   :○(少ない)
■挽き心地  :○(挽き方に工夫必要)
■メンテナンス:△(複雑・コツが必要)
■粉砕速度  :◎(速い)
■持ち歩き  :△(やや重い)

JPproは、高級ミルとして値段に見合う性能である事がよくわかります。

高い均一性・広い粒度範囲・素早いグラインド速度
み〜ま

家庭用の万能ミルとしては最高位で、本当に何でもできちゃうね〜

特に、エスプレッソ抽出や中~深煎り豆が好きな方にはオススメです。

たろ

JPproは性能・味共に個性的やから、役割が他のミルと被らないのもええな

こまめ

是非、他のミルと比較検討してみて下さいね!

created by Rinker
Logic(ロジック)
¥43,780 (2024/02/23 17:13:00時点 Amazon調べ-詳細)

他にも1Zpressoのコーヒーミルについては動画コンテンツも複数用意しているので、興味が湧いた方はチェックしてみて下さい。

み〜ま

良ければ、チャンネル登録・高評価もお忘れなく~

リクエスト・質問があれば、サイトやSNSからお気軽にご連絡ください。

それではまた次回の検証でお会いしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事が良かったと思ったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次