【比較レビュー】Varia Hand Grinderはエスプレッソ向き?微粉量をチェックすると衝撃の結果!

  • URLをコピーしました!

Variaという企業をご存知でしょうか?

2019年に香港を拠点としたコーヒー器具のブランドです。

たろ

中国といい台湾といい、アジア圏のコーヒー器具の競争はえげつないな

そんな中、Variaはマルチブリュワーという器具で注目されるようになりました。

created by Rinker
Varia
¥26,759 (2024/05/22 16:18:01時点 Amazon調べ-詳細)

1台でプレス・マキネッタ・ドリップの3種の方法で抽出できる優れた器具です。

こまめ

1つにまとまるため、アウトドアに適していますね

そして次にVariaが挑戦したのが、コーヒーミル。

Varia
Hand Grinder

以後、Variaと呼称します。

最近はどんな企業でもコーヒーミルを出してるな

こまめ

ステンレス刃ブームでOEM会社が猛威を奮ってますからね

その結果、現在は似たり寄ったりの刃で競う地獄の構図となっています。

正直、Variaの刃も似た系統です。

たろ

もちろん刃だけで全て決まらんけどな

実際のところ、ミル本体の構造と部品によって性能も変わります。

特にVariaは120段階の挽き目調整が可能という事で、かなり微調整が利くミルです。

そんなVariaの実力はどれほどのものでしょうか?

検証を通して、性能を詳しくチェックしていきましょう!

created by Rinker
Varia
¥38,546 (2024/05/22 16:18:02時点 Amazon調べ-詳細)
目次

挽き目の目安・分布検証

【2023年4月】当検証データは旧版となります。最新の検証値は改めて更新の予定ですのでご了承ください。

同一の豆を用いて、最小粒度とそれぞれの抽出方法に適した挽き目を検証します。

極細挽き・細挽き

検証概要
  • 豆量:10g
  • 目開き:600/700μm

Variaの最小粒度は15クリックとなっています。

かなり挽くのに時間はかかりますが、以下のような数値を得られました。

え?0g?

あまりにも細かすぎて測定不能でした。

しかも段階も多いため、5クリック飛ばしでもなかなか粗くなりません。

エスプレッソ用のミルかな?

そう思えるくらい凄まじく細かい調整幅で驚きました。

エスプレッソは当然ですが、トルココーヒーだって簡単に作れる粒度です。

以上の結果から、細挽きに関しては非常に高いスペックを持つことがわかります。

中挽き

検証概要
▪︎豆量:20g
▪︎目開き:500/800/1100/1400μm

中挽きの定義は様々ですが、当サイトはカルディの挽き目「8」を基準にします。

入手しやすくチェーン系列の中で一番粒度が均一なため、中挽きの基準として参考にしやすいです♪

検証の結果、中挽きの基準は「88」及び「89」が適しています。

他のミルと比較しても、極端に細挽き寄りやな

傾向的にはsvart aroma(wilfa)に近く、最大粒径に対して細い粉の割合が多め。

500μm以下の粒度を比較しても、セラミック刃のポーレックスよりも多い事がわかります。

正直な所、ここまで極端な性能とは思いませんでした

ハンドドリップで抽出するなら、工夫が必要かもな

粗挽き

検証概要
▪︎豆量:10g
▪︎目開き:1400/1600μm

上記の概要を踏まえてJPproの挽き目「125」と比較し、どの程度粗挽きに対応できるかチェックします。

JPproの分布(挽き目「125」)
▪︎1601μm~:3.3g
▪︎1401~1600μm:2.2g

結果「120」が近い挽き目となりました。

粒度の限界値ジャスト!

実質ネジが外れるまでは粗くできますが、極粗挽きまでは難しそうです。

微粉量検証

検証内容
▪︎豆量:20g
▪︎目開き:400μm
▪︎スクリーニング時間:3分

当サイトでは、400μm以下を微粉として扱います。

400μmとは、ターキッシュ(トルコ式)コーヒーに使用される超極細の粒度です。

小麦粉よりも少し大きめの細さやで

お湯に溶かすとこのようにドロ状になります。

上記を踏まえ、Variaの中挽き、粗挽きの性能をチェックしましょう。

結果、Variaは微粉が最も多く発生しました。

中挽きも粗挽きも、ポーレックスと同程度の微粉量です。

やはり検証するほど、エスプレッソに特化していると思える粒度ですね

エスプレッソ抽出検証

抽出レシピ

▪︎機材:Francis Francis X3
▪︎粉量:16g
▪︎圧力:9気圧以上
▪︎抽出時間:20秒以上を目標
▪︎タンピング圧:10~15kg
▪︎バスケットサイズ:49mm

FrancisFrancis X3はバスケットに詰め込める粉量が16gで限界。

機材自体は優秀ですが、相応の性能を持つミルでないと抽出はできません。

検証したところ、63クリックで丁度20秒になりました。

家庭用の電気式エスプレッソマシンで使うには、オーバースペックな気もするな

とんでもない調整範囲を誇るので、拘りを持つ方からすると楽しいかも!

グラインド速度比較検証

検証概要
▪︎豆量:20g
▪︎挽き目:89

上記内容でVariaの回転数とグラインド時間を測定します。

確認した結果52秒(105回転)という結果になりました。

Xやポーレックスより早いけど、それでも遅い方やな

その分挽き心地は比較的軽めです。

ただ本体の大部分がツルツルしているため、硬い豆のグラインドは結構疲れますね

Varia hand grinderの評価

手挽きミル評価軸(◎・○・△・×)
■挽き目の範囲:◎(極細~粗挽き)
■微粉量   :×(非常に多い)
■挽き心地  :△(硬い豆に弱い)
■メンテナンス:△(少し複雑)
■粉砕速度  :△(やや遅い)
■持ち歩き  :○(良い)

全体を通して、Variaはエスプレッソやマキネッタ向きのコーヒーミルだと感じました。

極細挽きで微調整できる点は、細かいレシピ調整をしたい方にオススメです!

反面、ドリップ等では詰まりやすいため抽出が遅くなる点には要注意。

成分も出やすいため、抽出方法には工夫が必要です。

硬めの豆が挽きやすい点は良いと思うで!

細挽き主体の器具をお考えの場合、Variaは選択肢としてアリかもしれません。

是非、ご自身の好みに応じて選んで下さい

created by Rinker
¥18,700 (2024/05/22 16:18:02時点 楽天市場調べ-詳細)

栗子C3をチェックする

Variaと同じく極細挽きから対応できる機種で、高性能かつ低コストが魅力。

エスプレッソに対応できる挽き目は限られますが、手軽に楽しみたい方には十分な性能です。

基本的に万能なミルですが、特に中粗挽き~粗挽きの微粉量が少ない点も特徴的!

挽き心地も良く、どんな人でも使いやすいバランスの良い仕上がりになっています。

あわせて読みたい
【比較レビュー】TIMEMORE「栗子C3」中挽き目安・微粉量を評価!C2との違いは? 安くて高性能なコーヒーミルといえば? 勿論C2やろ C2はTIME MOREという中国のメーカーが開発した高性能手挽きミルです。 今となっては知名度が非常に高く、手挽きミル...

手挽きミル評価軸(◎・○・△・×)
■挽き目の範囲:◎(極細挽き~粗挽き)
■微粉量   :○(少ない)
■挽き心地  :◎(非常に良い)
■メンテナンス:○(簡単・清潔)
■粉砕速度  :○(速い)
■持ち歩き  :○(良い)

slim plusをチェックする

携帯性に優れた細身の万能ミルで、コチラも極細挽きが可能です。

グリップ力も非常に高く、極粗挽きも素早く挽ける手軽さは圧巻。

タイムモアのミルの中でも、全てにおいてバランスの取れた素晴らしいミルです。

珈琲器具研究室「こまめ家」
404: ページが見つかりませんでした | 珈琲器具研究室「こまめ家」 コーヒーグラインダーを30種類以上所持する元バリスタによる検証サイト。粒度分布・微粉量等を数値化、メンテナンス方法解説など他では得られない詳細なレビュー情報を手に...

手挽きミル評価軸(◎・○・△・×)
■挽き目の範囲:◎(極細~粗挽き)
■微粉量   :○(少ない)
■挽き心地  :◎(非常に良い)
■メンテナンス:○(簡単・清潔)
■粉砕速度  :◎(非常に速い)
■持ち歩き  :○(良い)

Q2をチェックする

1Zpresso社が販売するQ2は、高いメンテナンス性と広い挽き目が特徴的。

値段帯がVariaに近く挽き目も似ていますが、分布のバランスはQ2の方が綺麗に揃っています。

代わりに、微調整はVariaの方が細かいといった感じですね

ユーザビリティの高い構造で、場面を選ばず活躍する万能ミルといえます。

あわせて読みたい
1Zpresso「Q2」の性能をレビュー!TIME MORE製品との違い&優れたポイントも徹底解説! 持ち運びやすく、優秀なコーヒーミルといえば何を想像しますか? ポーレックスとかnanoちゃうかな 現在多くの手挽きミルが販売される中、携帯性が高く使いやすいミルは...

手挽きミル評価軸(◎・○・△・×)
■挽き目の範囲:◎(極細~粗挽き)
■微粉量   :○(少ない)
■挽き心地  :○(良い)
■メンテナンス:◎(2通りの分解が可能)
■粉砕速度  :○(速い)
■持ち歩き  :○(良い)

この記事はあなたの役に立ちましたか?「こんな情報も欲しい」というご要望あれば、お気軽にご連絡ください!

ブックマーク・シェアもしてな~

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事が良かったと思ったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次