Varia「VS3」HYPER NOVA粒度分布検証!ノーマル刃との違いを比較してみた結果・・・

  • URLをコピーしました!
こまめ

どうも!多分日本で1番 VS3を検証している(はず‥)のこまめです!

ノーマル刃を含めて、全4種の刃を持つVaria「VS3」

たろ

色以外の違いがサッパリなんやけど、何が違うん?

み〜ま

金と黒がエスプレッソ向き、玉虫色が全対応と言われてるね~

とはいうものの、まだ詳細はよくわかっていません。

たろ

本当に刃を替えて性能が変わるんかな?

今回はそんな疑問にお応えするため、ハイパーノヴァに刃を取り替えて検証します。

目次

Hyper novaとは?

この鮮やかな色の刃がハイパーノヴァです。

み〜ま

ロボットアニメの技名みたいな名前ね~

ちなみに、スーパーとハイパーはどちらも「超~」という意味を持ち同義であるとされます。

こまめ

でも、ポケモンとかのイメージでスーパーよりハイパーの方が格上って感じですよね

英語圏でも日本同様の使い方がされているようで、ハイパーの方が優れた用法で使われているそうな。

nova(ノヴァ)は「新しい」「新星」という意味があり、これらの単語を複合すると「超新星」になります。

たろ

そんなヤベェ名前の刃に替えたら何が起こるんや‥ゴクリ

実際はチタンコートの刃で、素の刃と比較して硬度が高く摩耗に強くなっています。

み〜ま

同じチタンコーティングが施されているスーパーノヴァとの違いは、より硬い鋼材を使ってるんだって~

こまめ

コーティングや硬度の違いが粒度にどんな影響を与えるのか、気になりますね!

中挽き粒度分布・目安

1番気になる中挽きの粒度からチェックしてみました。

たろ

果たして粒度分布は違うのか‥?

上記結果をノーマル刃の分布と比較してみましょう。

こまめ

あれ?一緒?

やや細かい粉が増えていますが、分布の傾向はほぼ同じなため誤差と考えて差し支えありません。

大きな違いは、挽き目に5段階程度の差が出ている事です。

ノーマル刃の挽き目「110」を再現するには、ハイパーノヴァの「115」に設定する必要があります。

つまり、ハイパーノヴァの方が全体的な挽き目の範囲が細かくなっています。

たろ

分布はほぼ同じやけど、挽き目の範囲が変化するなんて不思議や

考えられるとしたら、コーティングによる摩擦の減少が原因かもしれません。

こまめ

みなさんも、この結果から推測できそうな理由があれば是非教えて下さい!

細挽き粒度分布・目安

中挽きと同じく、ノーマル刃の挽き目+5で挽けば同じ粒度になるか確認しました。

み〜ま

なった~

まさかの完全一致。

たろ

ハイパーノヴァでエスプレッソ抽出する場合は、ノーマル刃の数値を参考にすればOKやな!

粗挽き粒度分布・目安

粗挽きにおいても同様の方法で、参考になる値を割り出します。

ノーマル刃との違いがあるか、念のためチェックしていきましょう。

挽き目「160」にしたところ、ノーマル刃の挽き目「150」と同等になりました。

たろ

粗挽きの場合は10目盛り程度の違いがあるんやな

分布にはそこまで差がなく、中挽き同様850μm以下の粒量が僅かに増えている程度でした。

グラインド時間

ハイパーノヴァに換装すると、グラインド時間が遅くなると聞いていたのでチェックしてみました。

たろ

うーん、そんなに変わらんのちゃう?

ノーマル刃の「110」よりやや細いハイパーノヴァの挽き目「115」で2秒差なので、誤差レベルです。

こまめ

極細挽きの「35」でもグラインドしましたが、グラインド時間に大きな差異は見られませんね

摩擦熱確認

こまめ

コーティングで、コーヒー豆に熱が入りにくいとかあるかな?

と、考えたので検証して確認しました。

結果、ノーマル刃と温度上昇の違いはありませんでした。

たろ

コーティングがあってよ、熱量に影響は無いみたいやな

コーヒー粉の形状確認

刃の違いで、粉の形状に変化が出るかも確認しました。

たろ

ノーマル刃と比較してどう思う?

み〜ま

うーん、同じに見える~

見た目にも、大きな変化は感じられませんでした。

こまめ

でも、刃が変わってもVS3で挽いた粉は丸みがあり角の取れた見た目をしている事がわかりますね

Hyper nova検証まとめ

今回の検証で、ハイパーノヴァに切り替えても数値上の変化は少ない事がわかりました。

たろ

って事は、ノーマル刃で十分ってこと?

用途そのものが変わるほどの変化はないですが、数値が一緒なら味が同じと考えるのは早計です。

実際に飲み比べると、違いを感じるという報告も聞いています。

ハイパーノヴァをお持ちの方は、今回の結果を鑑みてノーマル刃と飲み比べてみてはいかがでしょうか。

「やっぱり違うぞ!」と感じた場合は、数値ではわからない別の要素が関わっているかもしれません。

こまめ

その場合は、是非コメントまでご報告ください!

み〜ま

というわけで、今回の検証は以上で~す

他にも収集して欲しいデータ・検証リクエスト等承りますので、何かあればコメント欄や各種SNSにご連絡下さい。

たろ

この記事が役に立ったと思ったら、ブックマーク・シェアよろしくやで!

それではまた次回の検証でお会いしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事が良かったと思ったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (6件)

  • 公式サイトのHyperno刃の説明に

    Improved top end range for espresso particle distribution at finer sizes.

    とあってよく意味が分からなかったのですが、粒度分布がずれるだけだったんですね…
    検証ありがとうございました。

    • こちらこそ、お読み頂きありがとうございます!疑問を解決するお手伝いができて良かったです^^

  • 評価ありがとうございます。
    今のところ両者には違いがないように見えますが、食べてみると違いが大きいかどうか分かりません。
    Hyperno刃によるespressoの方が味がいいのかな?

    • コメントありがとうございます!
      実は抽出液の傾向を数値化する手段は持っているのですが、スーパーノヴァの検証完了後にしようと考えています。

      飲んでみた感想は主観となってしまうので、検証するまで少々お時間頂けますでしょうかm(_ _)m

  • Hypernovaに交換後ゼロ点がズレてしまったのですが調節法わかりませんか?、、、

    • こんばんは!
      0点が変わるのは初めてのケースですね(・_・;
      どれくらい変わりましたか?

コメントする

目次