Kingrinder「K6」ってどんなミル?元バリスタが使用感をレビューしてみた

Kingrinderを知っていますか?

最近Amazonで見かけるようになった手挽きミルのメーカーです。

キングラインダーと読みます。
 
ラインナップはK0~K6までの7種あるんやな

その中で、日本で手に入るのはK1・2・4・6のみです。

それぞれエスプレッソ向き・ドリップ向きなどの役割に分かれています。

そして今回ご紹介するのはKingrinder「K6」

ドリップもエスプレッソも対応した万能タイプのミルです。
 
情報が少ないので「買って大丈夫かな?」と最初は警戒していましたね

そんなK6を手に入れたので、当記事では使用感や特徴についてレビューしていきます。

記事の1番最後に動画解説も掲載しているので、ご興味あればそちらもご覧下さい。

Kingrinder(キングラインダー)とは?

キングラインダーは中国で2020年に創業したメーカーです。

 
情報を調べても出ないので、直接問い合わせて確認しました!

Amazonでは、2021年あたりからよく見かけるようになった記憶があります。

 
いきなりこんなミルを開発するのって難しくない?
 
OEM、ODMなら可能かもですね
OEMとは?
Original Equipment Manufacturingの略称。商品企画と設計は自社で行い、生産を外部に委託する方法
ODMとは?
Original Design manufacturingの略称。商品企画だけ自社で行い、設計~生産まで外部に委託する方法

特にODMは、中国・台湾で多いそうです。

この方法であれば、自社工場や設計技術がなくても商品を作れます。

 
コーヒーミルも例に漏れず、多数の似た製品が生産されていますね

コピー品ではなく、委託先が同じで似たミルになるというのが現状です。

 
実際にKingrinderと近い構造のミルもあるから、可能性はあるな

だからといって、性能や使い勝手が同じではありません。

 
消費者側の選択肢が沢山あると考えれば、良いことだと思います

 Kingrinder「K6」の基本情報

▪︎名称:K6
▪︎容量:30~35g程度
▪︎重量:647g(ハンドル込/実測)
▪︎高さ:(本体)17.1cm (最大)19.8cm
▪︎直径:(最小)5.2cm(最大)5.4cm
▪︎ミル刃:コニカル刃(ステンレス製)
▪︎挽き目:150段階程度

刃の直径が48mmと、手挽きミルの中では大型の部類です。

 
その大きさを感じさせないくらいスマートな見た目やな

ムダが少ないので、堅牢かつスリムに見えます。

 
容量も多い方なので、他杯抽出が中心の場合は嬉しいですね

Kingrinder「K6」の特徴

画期的な外ダイヤル方式

K6の大きな特徴は、外側に配置された挽き目ダイヤルです。

 
一般的な手挽きミルは、ダイヤルが粉受けの内側にあるよな

挽き目を変更する場合、都度都度粉受けを外す必要があります。

一方K6は挽き目をすぐ調整できる点が非常に便利。

数字が書かれているため挽き目を間違える事もありません。
 
豆によって頻繁に挽き目を変えるなら、採用する価値が高いですね!

ハンドルカバーが分離可能

K6のハンドルカバーは独立しており、単体でフタとして使えます。

ハンドルカバーの役割
◾︎グラインド中の豆の飛散を抑える
◾︎ホコリからミルを守る
 
ポーレックスなどのセラミックミルと似たような構造ですね

 
ステンレス刃のミルは、大抵ハンドルと一体化してるもんな

その中でも、K6には更に独特な点があります。

 
なんと、ハンドルにカバーを取り付けられるんですよ!

付属のシリコンリングを使い、フタとハンドルを固定できます。
 
着脱の選択自由って、今までのミルにはなかった斬新な発想やな

ただ、カバーが抵抗になりハンドルが重くなる点が残念です。

 
カバー自体を本体に嵌め込む形式なのが原因ですね

カバーがハンドルと連動しないため、固定部分で摩擦が起きます。

なので、基本的に分離しておく方がいいでしょう。

 
僕はハンドルを外して投入の手間を省くようにしていますよ♪

150段階の挽き目

K6は150段階と非常に細かい調整が可能なミルです。

挽き目の目安
◾︎極細挽き:15~25
◾︎細挽き :25~60
◾︎中細挽き:60~90
◾︎中挽き :90~120
◾︎粗挽き :150

1週が60段階あり、数字が振られているため調整がとても簡単です。

 
1段階毎に16μm粗くなるらしいで

特に細挽きが主軸な場合、微調整ができる点はとても魅力的。

 
エスプレッソ挽きもできるとの事なので、次回検証しますね!

粒度分布や微粉量は検証記事にて解説するので、更新次第報告します。

挽き心地が軽い

K6は他のミルと比べて、挽き心地が軽い実感がありました。

最小の挽き目15でも、無理な力を必要としません。
 
ザクザクというよりはシャリシャリした挽き心地ですね
 
特に細挽きで恩恵を感じやすいかもな

Kingrinder「K6」レビューまとめ

個人の感想ですが、K6はコスパに優れたミルだと思います。

外側にダイヤルを採用したミルは、基本的にコストが高いです。

 
それこそ2~ 3万円は当たり前の世界やもんな

そんな中、K6は高性能ながら2万円以内と比較的低コスト。

実際に使用している中で、使い勝手も遜色ないと感じました。
 
もし外ダイヤル式でお探しなら、候補に入れるのもいいかもしれませんね!

気になる分解方法や検証については、別の記事で紹介予定です。

 
更新したら追記するから、チェックしてな!

また、分解方法を含めたレビューはYouTubeでも解説しています。

動画の方が視覚的にわかりやすいので、是非チェックしてみて下さい。
この記事はあなたの役に立ちましたか?「こんな情報も欲しい」というご要望あれば、お気軽にご連絡ください!
ブックマーク・シェアもしてな~