Mahlkonig「X54」の挽き目・粒度分布・微粉量を検証&レビュー!

Mahlkonigという会社をご存知でしょうか?

日本では以下のように発音されています。

◾︎マールクーニック
◾︎マルコニック
◾︎マルケニッヒ

80年以上の歴史を持つ、ドイツのグラインダーメーカーです。

 
同社製品の中でも、EK43は最も知られていますね

スペシャルティコーヒーを扱う店の多くが、EK43を使用しています。
 
世界大会の公式グラインダーとしても使用されているレベルやな

それほどまで、高い信頼性を誇るメーカーです。

そんなMahlkonigから、なんと家庭用グラインダーが登場しました!

その名も
X54 home grinder

70段階の挽き目調整ができる万能グラインダーとのこと。
公式でもフレンチプレスができると書いてるな
でも、どう見てもエスプレッソ用な気がしますね‥

どこまでの範囲が挽けるのかも含めて、X54の性能をチェックします。

挽き目の目安・分布検証

同一の豆を用いて、最小粒度とそれぞれの抽出方法に適した挽き目を検証します。

極細挽き・細挽き

検証概要
▪︎豆量:10g
▪︎目開き:400/500/600/700μm

X54はダイヤル1まで使用可能です。

分布をチェックするとこんな感じ

1段階毎の粒度差が小さく、細かい粒度調整に優れています。
エスプレッソ抽出に最適な性能やな

どの程度調整が利くか、後程チェックしてみましょう。

中挽き

検証概要
▪︎豆量:20g
▪︎目開き:500/800/1100/1400μm

X54のドリップ推奨粒度は「15~25」なので確認してみると‥

15は完全に細挽きになりました。

25でようやく中挽き程度になっています。

じゃあ25以降はどうなってるんや?

結果、X54は最大の「35」でも当サイトの目安に達しませんでした。
最大粒径にほぼ変化が見られず、細かい粒度だけ変動していますね
微調整が利くお陰なのか、挽き目毎の粒度差も小さいな

ですが、分布は800~1400μmにかけて全体の57%あります。

多くの電動ミルが55%を切る中で、この精度自体は素晴らしいです。

中挽きが大得意なみるっこで60%超えって感じやな

極細挽きができて、中挽きの均一性も高いって事ですね!

粗挽き

検証概要
▪︎豆量:10g
▪︎目開き:800/1100/1400/1600μm
上記概要を踏まえてJPproの挽き目「125」と比較し、どの程度粗挽きに対応できるか確認します。

JPproの分布(挽き目「125」)
▪︎1601μm~:3.3g
▪︎1401~1600μm:2.2g

中挽検証で確認したように、X54の挽き目は細挽き寄りです。

一応粗挽きの粒度分布でチェックするとこのような結果に・・・
箸にも棒にもって感じやな

フレンチプレス対応とありましたが、粗挽きはできません。

Mahlkonigの挽き目の考え方が細めなのかもですね

微粉量検証

検証内容
▪︎豆量:20g
▪︎目開き:400μm
▪︎スクリーニング時間:3分

当サイトでは、400μm以下を微粉として扱います。

400μmとは、ターキッシュ(トルコ式)コーヒーに使用される超極細の粒度です。
小麦粉よりも少し大きめの細さやで

お湯に溶かすとこのようにドロ状になります。

上記を踏まえてX54の中挽きの性能をチェックしましょう。

粗挽きはできないから、最大の「35」で計測するで!

中挽きにおける微粉量は2.0gとなりました。

これは手挽きミルのC2に並びます。

最大粒径が他の比較対象より小さい点も考慮したいですね

 

分布は違うものの、コマンダンテやJPproに比肩するかもな

電動で手挽きに並ぶのは、相当精度が高いと言えるでしょう。

エスプレッソ抽出検証

▪︎粉量:16g
▪︎圧力:9気圧以上
▪︎抽出時間:20秒以上を目標
▪︎タンピング圧:10~15kg
▪︎バスケットサイズ:57mm

検証で使用するのはascaso「dream」です。

フィルターサイズが業務用に近く、本格的なエスプレッソが抽出できます。
家庭用の中でもオシャレかつハイレベルな抽出が可能やで

もちろん抽出にはそれなりのグラインダーが必要です。

圧力がかかっていないと、15秒以内に抽出が終わります。
逆にdreamで抽出できたら、大抵の家庭用マシンで通用するで

検証したところ挽き目「4.5」で20秒になりました。
量を調整すれば10段階程度は楽しめそうですね

検証結果まとめ

X54は挽き目の範囲こそ狭いものの、精度が高いことがわかりました。

さすがmahlkonigやな

エスプレッソ向きにしては調整も楽で、使い勝手も優れています。

ちょうどこんなマシンが欲しかったので、買って正解でした。

購入は代理店経由になりますが、高い所は15万円程度になります。

僕はcafetalesから購入しましたが、想定より安く販売して下さいました♪

ご興味あれば、InstagramからDMでお問い合わせ下さい。

cafetalesのInstagramアカウントはコチラ

X54の関連動画

記事よりも一足先に検証結果を公開中やで!
動画の内容
▪︎粒度分布
▪︎微粉量
▪︎エスプレッソ検証
▪︎静音性検証
▪︎グラインド速度検証

オススメの関連記事

「KG366J」をチェックする

KG366Jは、極細~中粗挽きまで対応できる電動ミルです。

「やっぱりX54は高いわ」となった方にオススメですね

値段は10分の1と、大幅にコストダウンが可能。

全般的に綺麗な粒度分布で、グラインド性能は近い価格帯でトップクラス。
静電気も少ないし、速度もそこそことバランスの良さが絶妙やで!

形はイマドキではないですが、高性能なので合わせて確認してみてください。

関連記事

[adcode] 極細挽き対応の電動ミルを探すのって難しくないですか? 最近「極細挽き対応」と書かれたミルでも、非常に怪しいものが多数存在します。 実情は、最小粒度でキチキチに詰め込んでギリギリ抽出可能[…]

電動ミル評価軸(★・◎・○・△・×)
■挽き目の範囲:○(極細~中粗)
■微粉量   :◎(少なめ)
■静音性   :△(振動音が気になる)
■静電気   :◎(少ない)
■粉砕速度  :◎(早い)