【最強ミルを比較!】TIMEMORE「X lite」vs COMANDANTE「C40 MK4」

最強のコーヒーミルと名高いCOMANDANTE「C40」

高い精度、滑らかな挽き心地、メンテナンス性。

どれをとっても非の打ち所がない素晴らしいミルです。

 
今回はそんな最強ミルと比較したいミルがあります!

TIMEMORE
「栗子X lite」

2022年に発売された栗子Xの軽量モデルです。

 
liteっていうと簡易的なイメージやけどな

ところが、X liteは驚異的な粒度分布で今までのミルにはない性能を誇ります。

今回は最強ミル2つを比較し、どんな特性を持つミルなのか確認していきましょう。

検証には、コマンダンテ最新モデルの「C40 MK4」を使用します。
 
粒度分布とかは同じやから、一括りにC40として扱うで!

挽き目の範囲

C40とX liteは、それぞれ粒度の範囲が大きく異なります。

▪︎C40:極細~粗挽き
▪︎X lite:細挽き~粗挽き

C40は何でもできる万能ミルですが、X liteはドリップ向きです。

 
エスプレッソを抽出する機会が多い場合、X liteは選択肢から外れますね

一方でコマンダンテはどんなマシンでもエスプレッソを抽出できるスペックがあります。
 
ただ、エスプレッソってあんまり淹れる機会ないけどな

しかも手挽きで極細挽きは、いくら高性能なミルでも手軽とは言えません。

 
使用頻度を考えて選ぶのもいいかもですね!

粒度分布比較

中挽きで比較した場合、双方の粒度分布に明らかな違いがあります。

特に顕著なのは「1101~1400μm」の粒度やな

全体量で約10%の違いがあり、抽出速度や味の傾向に差が生まれます。
また、粗挽きも均一度が全然違うんです!

C40は粗挽きがそこまで得意ではありません。

数値的には平均的な性能。
MAZZER「OMEGA」が僅かに上回る程度やな

一方でXliteは驚異的な均一性を実現しています。

他のミルで比較しても太刀打ちできませんね・・・

このようにXliteの分布は、他のミルでは真似ができない領域です。

 
まさに新世代と呼ぶに相応しい出来栄えですね!

微粉量比較

微粉量は、成分の出やすさや抽出速度などに影響を与える重要な指標になります。

当サイトでは400μm以下を微分としています。
 
小麦粉より少しだけ粗い程度で、湯に溶けるレベルやで
それぞれ中挽きで、この微分量を測定しました!

実際に比較すると、Xliteの方が圧倒的に少ない事がわかります。
1gにも満たないけど、実はこんなにも違うで

かと言ってC40の微粉が多いわけではなく、数値的には優秀な部類です。

それが霞むくらい、Xliteは性能面で優秀な事が分かります。

中挽き、粗挽き共に一切隙がないですね

挽き心地の比較

C40 MK4の優れた点

C40は数ある手挽きミルでも屈指の挽き心地の良さが特徴です。

噛み込み量が少ない上で切れ味が良く、浅煎り豆も軽くカットできます。

でもそのままやと、ボディがツルツルで挽き辛いよな

なので、グリップバンドが必須なんですよ

MK3にはありませんが、MK4には標準で付属しています。

これのある無しで、評価は段違い。

そのため、挽き心地はMK4を基準に考えます。

そしてC40のグラインド音や感触は、他のミルでは決して味わえません。

非金属をベースとしたミルって少ないもんな
 
C40の挽き心地を知ると、他には中々戻れませんよ

栗子X liteの優れた点

X liteは元々からボディが滑りにくい構造です。

縦に伸びたスリットがグリップの役割を果たします。
 
S2C刃との組み合わせで、浅煎り豆をバキバキと破砕する感触が癖になる♪

同じ豆を挽くと、C40よりもハンドルはやや硬め。

代わりに、C40のようにグリップを追加する必要はありません。

 
汚れにくく、ある程度のグリップも見込める点が良いですね!

グラインド速度の比較

忙しい人にとって、コーヒー豆を早く挽ける事はとても重要です。

X liteとC40系列は、ほとんど同じ速度で挽き終わります。

回転数はC40が上回ってるけど、あんま変わらんねんな
それはハンドルが短いからですね

C40のハンドルはコーヒーミルの中でも非常に短く、1回転にかかる時間が短いです。

挽き心地の軽さと相性が良く、どちらも速さの秘訣と言えます。

グラインドの快適さを総合的に考えると、C40はトップレベルやな

重量の比較

重量が重いと、グラインド時の手の疲れや持ち運びに影響します。

例えば栗子Xは760gと500mlペットボトル1.5本分の重さで、長時間の手持ちは疲れます。

C40の場合は、ガラス製の粉受けを使うとX liteより重いです。

MK3は基本ガラス製ですが、MK4なら樹脂製が使えますね!

樹脂製粉受けの場合、X liteと同じ重さになります。
外で使うなら樹脂製の方を持っていきたいな

容量の比較

一度に多くの豆を必要とする場面では、大容量であるほど良いです。

例えばコーヒーを水筒に入れて持ち歩いたり、水出しとかな

ちょっとだけ容量が足りなくて2度挽きする事ありますよね

豆の体積で多少前後しますが、今回は中煎りのブレンドで各々の容量を測定します。

・X lite:35g
・C40(樹脂):35g
・C40(ガラス):40g

測定した結果、C40の方が容量が多い事がわかります。

多く挽くならガラス瓶が有利なんやな

樹脂製の場合はX liteと同じになりました。

容量が減った代わりに、軽く掃除も楽なのが樹脂製の特徴。

しかもC40は、粉受けにそのままフタまでできます。

豆や粉を持ち歩く事もできるので、多様性に富んだ点も良いですね!

メンテナンス性の比較

メンテナンスについてはどちらも簡単でしっかり掃除できます。

それぞれについて簡単に解説しますね!

C40 MK4

分解パーツリスト
▪︎軸
▪︎ワッシャー×2
▪︎バネ
▪︎内刃
▪︎調節ネジ

C40はパーツ構成がシンプルで、簡単に分解・組立できます。

 
気をつけるべき点は、ワッシャーの向きくらいですね

2枚のワッシャーにはそれぞれ凸部分があり、正しい方向に向ける必要があります。

それ以外は何もテクニックを求めません。

 
X liteよりも手軽に組み立てられるし、初心者に優しい設計やで

栗子X lite

分解パーツリスト
▪︎軸
▪︎ワッシャー
▪︎バネ
▪︎内刃
▪︎ダイヤル盤
▪︎調節ネジ

X liteのダイヤルとネジは、基本的にセットになっています。

無理に外す必要もないので、実質コマンダンテよりパーツが少ないと言えます。

バネのみ上下があり、太い方が上。
 
覚えてしまえば楽やな
 
でも、組立でコツが必要な場面があるんです

ダイヤル・ミル刃・軸を同時に合わせる必要があります。

慣れれば簡単ですが、総合的な組立時間はC40より長いです。
 
逆に良い点としては、徹底して掃除ができることやな

ボディの内部フレームに無駄が無く、掃除も楽で綺麗にしやすいです。

 
粉残りが気になる方なら、X liteが適していますね!

豆の入れやすさ

豆の入れやすさは、コーヒー抽出のストレスに影響します。

 
入れるのが簡単なら、気兼ねなくザッと投入できるもんな!

この点については、C40 MK4が圧倒的に有利です。

 
横幅の広さが段違いですからね

しかし、MK3だとフレームの影響で投入に支障があります。

 
軸に豆の欠片とかチャフが入るから、気を遣うで

今C40を買うなら、断然MK4がオススメです。

コーヒーミル評価まとめ

COMANDANTE「C40 MK4」

手挽きミル評価軸(★・◎・○・△・×)
▪︎挽き目の範囲:◎(極細~粗挽き)
▪︎微粉量   :◎(少ない)
▪︎挽き心地  :★(非常に良い)
▪︎メンテナンス:◎(簡単/若干の粉残り
▪︎粉砕速度  :○(平均的)

C40 MK4全体的に優れたバランスを持ち、使い勝手も最高レベルです。

一言で言うと、軽い挽き心地の万能ミル。
 
人気の秘密は、性能以上に使い勝手の良さが関係してるかもな

MK4になってからは、家庭内での使用頻度が激変したレベルです。

 
今はほとんどC40かX liteになっていますね

用途の幅広さ、挽き心地で選ぶならC40がオススメです。

created by Rinker
Comandante
¥54,869 (2022/10/05 04:18:24時点 Amazon調べ-詳細)

↓更に詳しい紹介はコチラ↓

関連記事

[adcode] 世界最高峰のミルと名高いCOMANDANTE(コマンダンテ)C40 多くのコーヒー好きが絶賛するミルで、登場して8年以上経過した現在でも人気です。   近年はMAZZERやTIMEMOREな[…]

TIMEMORE「X lite」

手挽きミル評価軸(●・◎・○・△・×)
▪︎挽き目の範囲:○(細~粗挽き)
▪︎微粉量   :★(非常に少ない)
▪︎挽き心地  :◎(良い)
▪︎メンテナンス:◎(清潔/コツが必要
▪︎粉砕速度  :○(平均的)

ミルに究極の性能を求めるなら、間違いなくX liteです。

エスプレッソ挽きはできませんが、それ以外は言うことがありません。
 
ドリップやプレスがメインなら、全コーヒーミルの中でもトップオブトップやで
 
最強のコーヒーミルの性能を、その手で確かめてください♪

created by Rinker
TIMEMORE
¥22,980 (2022/10/04 16:17:11時点 Amazon調べ-詳細)

↓更に詳しい紹介はコチラ↓

関連記事

[adcode] あなたはTIMEMORE(タイムモア)を知っていますか? コーヒー好きの間では有名なコーヒー器具メーカーです。 中でもC2やC3は高コスパで人気が高く、手挽きミル界隈で猛威を振るっています。 ↓C2の検証は[…]

この記事はあなたの役に立ちましたか?「こんな情報も欲しい」というご要望あれば、お気軽にご連絡ください!
Instagramではショート動画や投稿で器具の魅力を伝えているので、是非フォローをお願いします。
ブックマーク・シェアもしてな~