【タイムモア/栗子C2】人気手動コーヒーミルのメリット・デメリットを徹底レビュー!

皆さんは安くて美味しい
B級グルメはお好きですか?

もしB級グルメのように安くて性能がいいコーヒーミルがあったら、買いたくなりません?

それなら、
タイムモア栗子C2をオススメします。

栗子?なんか可愛い名前やな
英語ではchestnut(チェスナッツ)と呼ばれているそうですよ!

直訳すると栗

★栗のどうでもいいトリビア
「栗=マロン」と思われがちですが、マロンはトチノキの実を指します。
日本ではトチノキが希少で、代わりに栗を使ったところ「栗=マロン」という勘違いが生まれました。

ちなみにマロンは
英語ではなくフランス語。

子はどっから来たんや!?
そんなことより、栗子C2の性能がスゴいんですよ!

簡潔に言うと

▪︎軽い
▪︎速い
▪︎挽きやすい

この3拍子のバランスが整った
完成度の高いミルです。

あの有名なザッセンハウスと悩んで安価なC2を選んだんですが、大当たり♪
created by Rinker
ZASSENHAUS (ザッセンハウス)
¥12,995 (2021/08/02 19:54:08時点 Amazon調べ-詳細)

この記事を読んでるあなたに
強く主張したいのは、

栗子C2さえあれば、ぶっちゃけ1万円台のミルは買わなくてOK!

それくらいC2の性能が高く、
どんな人でも喜んでもらえる
ミルだと確信しています。

今日はそんな安くて
高性能なC2について
レビューしていきます。

栗子C2とは?

time more(タイムモア)が製造

タイムモアは2012年に設立した
中国のコーヒー器具メーカーです。

中国製と聞くと、
身構えるかもしれませんが
最近は様々な有名メーカーが
製造委託してるのは中国です。

やっぱ日本の商品は品質が良い!

と思っているその商品は
中国で製造・組み立てされた
商品かもしれません。

さらに中国はコーヒー需要が加速し、
スタバに対抗する店が出現するなど
コーヒーに力を入れています。

そんなコーヒーがアツい国から生まれたタイムモアの製品は、上海のスターバックスで取り扱われるほど高品質!

より良い製品を作る姿勢が
タイムモアの強みであり
製品によく出ています。

これからも目が離せんな!

日々バージョンアップしている

栗子C2はバージョンアップが
2回行われている珍しい製品です。

2021年時点で以下のパーツが
変更されています。

▪︎粉受けが樹脂→アルミに変更
▪︎調節ネジが樹脂→アルミに変更

粉受けの変更前をver.1すると
現在ver.2とver.3が販売中。

間違えてver.2を購入する
可能性もあるので注意!

↓Ver.2はコチラ(Amazonで確認可)↓

created by Rinker
TIMEMORE
¥7,200 (2021/08/02 07:23:00時点 Amazon調べ-詳細)
Ver.2は樹脂部分が目立ちますが、カラーが4色選べるのが特徴。コチラを好む方もいらっしゃいます。

個人的には
高級感があるVer.3が好みなので、
今回はver.3の紹介をします。

created by Rinker
タイムモア
¥7,200 (2021/08/02 18:12:33時点 Amazon調べ-詳細)

外観・見た目

C2は凹凸のある黒ボディが特徴。

シックな雰囲気に加えて、滑り止め効果もあるんです!

しっかり掴んで挽くことができ、
手にフィットするサイズと相まって
驚異的な挽き心地を実現。

2万円以上のミルでも同じ挽き心地のものはなく、C2ならではの強みです。

重さ・重量

栗子C2の重量は
ハンドル込みで466g。

ペットボトルより軽い!

軽すぎず、重すぎず
ちょうど良い重みなので、
手に持って挽くと安定した
挽き心地を楽しめます。

大きさ・寸法

▪︎高さ:147mm
▪︎幅:52mm

ペットボトルと並べると
こんな感じです。

なんか小柄で可愛い!
これなら外出先に持って行くのも大丈夫そうやな!

材質

ボディの材質はアルミ。
刃はステンレス製です。

この値段帯のミルはコストダウンでプラスチック製の調節ネジがよく使われます。そんな中栗子C2はアルミニウムを採用。
安っぽさがなく、良い雰囲気が漂う仕上がりが素敵ですね♪

更にステンレス製の刃は、
過去のハイグレードモデルと
同じ刃を使用しています。

切れ味に定評がある刃なので、1万円レベルの切削性能を安価で手に入れられるのはC2だけかもしれません。

粒度調節方法・調節段階

C2は36段階のダイヤル式で
粒度を調節できます。

ダイヤルを回すとカチッと音が鳴り、これを1クリックといいます。

0点(原点)から数えた
クリック数と挽き目の目安は、
公式で下記の通り。

・エスプレッソ:10~14
・ハンドドリップ:18~24
・フレンチプレス:25~27
10以下は使わんの?
試したら豆が詰まって出てきませんでしたよー

公式でも6クリック以下は
刃破損の危険があるので
使用にはご注意ください。

10でも非常に細いので、エスプレッソにも十分使えます。
次回の実験で検証してみましょう!

口コミ・評判

▪︎ザクザクと刻む感触が良い
▪︎今までの手挽きミルより早い
▪︎軽い力で挽ける

このようなレビューが多く、
同じ値段帯のポーレックスと
比較されることがあります。

個人的な好みでは
ポーレックスよりも
栗子C2の方が好きです。

具体的な比較は別の記事で検証するのでお楽しみに!

タイムモア栗子C2の特徴

切れ味抜群!ステンレス刃

栗子C2は安価にも関わらず
ステンレス刃を使用しています。

近い値段帯のミルは、
ほとんどセラミック刃のミルで
切れ味はスレンレスに劣ります。

1,000円程度高いリバーズのミルもセラミック製
created by Rinker
RIVERS(リバーズ)
¥8,250 (2021/08/02 19:54:09時点 Amazon調べ-詳細)
セラミックは湿気に強く錆びないので、アウトドアや湿気の多い環境では重宝しますが、コーヒーの味に拘る方には少し物足りないかもしれません。
でも同じ値段帯でステンレス刃のミルも出てきてるぞ?
実は栗子C2は一味違います。旧型の上位機種と全く同じ刃が使われているんです

↓その上位機種(旧型)はコチラ↓

created by Rinker
TIMEMORE
¥18,000 (2021/08/02 22:06:50時点 Amazon調べ-詳細)

栗子C2の上位モデルG1は
最近刃がバージョンアップし
G1plusという名前になりました。

↓バージョンアップ後↓

created by Rinker
タイムモア
¥20,980 (2021/08/02 07:23:01時点 Amazon調べ-詳細)

バージョンアップの理由は、
タイムモアが特許を取得した
特別な刃に切り替えるためです。

その刃については、後日「nano plus」の検証で紹介します!
元のG1は旧型といえど、
1万円台後半。
この刃を維持しつつ、外装や軸のコストをカットしできたのが栗子C2です。

そのため、
栗子C2の値段のほとんどが
ステンレス刃と言われるほど。

構造の差で多少微粉は増えますが、鋭い切れ味は変わりません。

これが安さと性能を両立した
最強のグラインダーの秘密です。

ということは、同じ値段帯で外観に力を入れたミルに負けるはずありません。

挽き目の調整幅が広い

エスプレッソからプレスまで
幅広い粒度で豆を挽けます。

粒度についての詳しい内容は
次回検証時に紹介しますが、
簡単に写真で確認しましょう。

極細挽き

極細挽きはエスプレッソに用いられる粒度で、安いミルや中挽き重視のミルはこれができません。

最近はエスプレッソ抽出も
家庭で容易にできるので、
極細挽きができるミルがあれば
いつでもラテも楽しむことができます。

今までエスプレッソ用といえば、専用の電動ミルがオススメされてきましたよね。
例えばデロンギのコーングラインダーとかな
created by Rinker
DeLonghi(デロンギ)
¥12,800 (2021/08/02 19:54:09時点 Amazon調べ-詳細)

しかし場所を多く占領したり
手軽に清掃ができない点から、
少しハードルが高いのが
エスプレッソミルの欠点でした。

最近の手挽きミルは早く綺麗に挽けるので、家庭で1~2杯のエスプレッソを楽しむなら十分選択肢に入ります。

栗子C2は構造や
刃の斬れ味が優れているため、
極細挽きでも活躍します。

細挽き

細挽きは以下の用途に
使う事ができます。

▪︎マキネッタ
▪︎浅煎りのフレーバーを強く出したい時
▪︎深煎りを低温抽出する時
ちなみにマキネッタはコレ!
created by Rinker
BIALETTI(ビアレッティ)
¥3,195 (2021/08/02 11:14:55時点 Amazon調べ-詳細)
エスプレッソとはいかないけれど、ミルクで割るような濃いコーヒーの抽出に便利。

ほとんど手挽きミルは
粒度に差が出にくい
細挽きが得意です。

ただ、切れ味が劣るほど時間やハンドルの重さに影響します。

栗子C2は細引きでも挽きやすく、粒も綺麗なので切れ味の良さを実感できます。

中挽き

ハンドドリップ用で
推奨される挽き目。

カルディの挽き目「8」が中挽きの定義に近く、比較対象としてオススメ!
created by Rinker
カルディ
¥600 (2021/08/02 16:35:10時点 Amazon調べ-詳細)
栗子C2なら「20クリック」が
一番近い挽き目です。

手挽きグラインダーは、
中挽きから性能に応じて
粒度にブレが生じます。

原因は刃の切れ味がほとんど

セラミック刃は潰して挽くため、
微粉やカケラが多く混ざります。

栗子C2は鋭い切れ味で、比較的粗いカケラも少なく粒度が整っています。

粗挽き

粗挽きも中挽き同様、
歯の切れ味の良し悪しで
結果が顕著に現れます。

切れ味の良いと綺麗に均一になるから、コーヒーの味ブレも少ないな。
プレスをメインで考える方は、手挽きミルの性能にも注目して選びたいですね。
栗子C2は少しカケラが混ざりますが、7,000円代でありながら粒揃いが綺麗。

さすがは上位クラスの刃を
使用しているだけあります。

挽き心地の良さがトップクラス

栗子C2を使用していて
一番実感できるのは、
圧倒的な挽き心地の良さ。

▪︎刃の切れ味が良い
▪︎手にフィットしやすいサイズ感
▪︎凹凸構造が滑り止めになっている

切れ味が鋭くても、
ボディが滑りやすければ
結局手が疲れます。

大抵シリコン製の滑り止めで補填しますが、手に異物感があったり、本来の収納性能を損なうなどデメリットもあります。

栗子C2なら軽く豆を挽ける上、
硬い豆でも力を込めやすいので
ストレスが少ないです。

この挽き心地は一度クセになると辞められませんよ~

スペアパーツがある

万が一部品を破損しても
スペアを購入できます。

似た価格帯のミルで
一番難点になるのは
パーツの破損です。

錆びたり、刃が摩耗したり、何かの拍子にガタツキが出たり色々ありますね
そうなったら、買い直すしかないもんな

タイムモアなら公式サイトで
スペアパーツを入手できます。

↓公式サイトはコチラ↓

タイムモア公式サイト(部品)

これから交換パーツが増える可能性もあるので、定期的にチェックしておきたいですね!

ダイヤルの調整が楽

他の手挽きミルに比べて
挽き目を変えるダイヤルの
調整がとても楽です。

動きが滑らかな上、感触でダイヤルの0点(原点)がわかりやすい!

他のミルだと、
限界まで締めたつもりが
実はもう一段階締められた
なんてオチがあります。

指が痛くなるくらい
力を込めると回るので、
原点なのか行き過ぎなのか
判断できません。

栗子C2はダイヤルを締めるのに強い力は不要やで
「あ、これ以上締まらないな」というのが簡単にわかる所がすごい!

分解・清掃が簡単

栗子C2はパーツがシンプルで
清掃が簡単にできます。

調節ネジを外して

円盤みたいなのを取って

内刃を外す

バネとワッシャーは小さいので、
無くさないよう注意してください。

C2はパーツの裏表がわかりやすい構造になっているのが素晴らしい!

誤って逆に入れる事故も無く、
初心者にも優しい仕様です。

ただ、外刃の清掃は通常の
ブラシでは清掃が難しいです。

ブロワーやペット用の360°歯ブラシを使うと清掃がしやすいので、買っておくといいかも!
created by Rinker
ビバテック
¥612 (2021/08/02 11:14:56時点 Amazon調べ-詳細)

また、外刃も外せますが
刃の交換以外で外さないで下さい。

調整が難しく、間違えると刃の接触や粒度が整わなくなるなど故障の原因になります。

説明書が英語

タイムモアの説明書は
日本語に対応していません。

できる限り当ブログで検証や動画など情報を発信するので、不明点があればご質問ください。

タイムモア栗子C2の評価まとめ

メリット

▪︎他のミルに無い挽き心地の良さ
▪︎スペアパーツがあり永く使える
▪︎幅広い挽き目に対応できる
▪︎メンテナンスが楽

粒度の整い具合や
微粉・速さの検証比較は
別の記事で紹介予定です。

しばしお待ちください!

デメリット・工夫が必要な点

▪︎説明書が日本語非対応
▪︎旧verと間違える可能性がある
▪︎外刃が気軽に取り外せない

説明書は以下の2点に注意すれば
読めなくても大丈夫ですが、
不明点あれば都度ご質問ください。

▪︎替刃以外で外刃は取り外さない
▪︎6クリック以下で挽かない

また、タイムモアは
バージョンアップを繰り返す
珍しいメーカーです。

旧製品がAmazonとかで売られてるから、どれが最新版か混乱するかもな
万が一間違えて購入した際は、パーツさえ購入すれば最新バージョンにアップデートできるのでご安心を!

栗子C2の購入検討している場合は
下記が最新版のページなので
念のためご確認ください。

↓栗子C2ver.3はコチラ↓

created by Rinker
タイムモア
¥7,200 (2021/08/02 18:12:33時点 Amazon調べ-詳細)

総括・まとめ

栗子C2は他のミルに無い特徴を
数多く兼ね備えています。

多くの優れた機能を持ちながら、価格が10,000円を超えないのは本当に驚き

初めて手挽きミルを検討する方は
高いと感じるかも知れませんが、
2,000~3,000円のミルとは
天と地の差があります。

2000円台のミルといえば、過去にこんな記事で検証してたな。性能の比較検討にちょうどいいかも
関連記事

皆さんは手挽きのミル 電動ミルどちらがお好きですか? もし一台でどちらも楽しめるとしたら、お得だと思いませんか? そんな贅沢を叶える コーヒーミルがコチラ HARIO 「モバイルミルスティック」 +[…]

逆に1万円代のミルも
個人的にタイムモア製品以外で
いいものに出会えていません。

あと一歩というところが歯がゆい性能!

刃の摩耗・軸の歪み・容量など、
スペアパーツが無い点も相まって
一番お財布に厳しい気がします。

個人的なオススメは、1万円クラスのミルを買うなら2万円以上の頑丈で間違いのないミルを購入するのがオススメです。

それまでは、
栗子C2で十分やっていけます。

アウトドアが多いなら、軽くて刃が錆びないポーレックスもいいかも
関連記事

皆さんはコーヒー豆は挽いたものを買いますか?それとも自分で挽きますか?   挽いたものだと飲み切る目安は1〜2週間と言われてるね   お店により異なりますが、豆のままなら1ヶ月〜2ヶ月保ちます♪ […]

比較検証もしていくので、
次回の記事でお会いしましょう。

この記事が役に立ったと思ったら、是非ブックマーク・シェアよろしくお願いします♪

関連記事

栗子X比較検証!

関連記事

皆さんは「栗子X」というコーヒーミルをご存知ですか? 中国のコーヒー器具メーカーTIME MORE(タイムモア)が2020年末に発売した高級ミルです。 ミル刃、ハンドルなど至る所に特許技術を詰め込み今までにない斬新なデザインはグッド[…]

タイムモアから2020年に発売。ギミックとデザイン性に優れ、グッドデザイン賞を受賞した高級ミル。様々なミルと比較検証した結果・・・

最高峰のグラインダー「JPpro」レビュー

関連記事

グラインダーでコーヒーの美味しさは変わる。 [adcode] この理由は、前回のZproの記事で触れました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://seikatu-goods.com/household/2[…]

2021年新発売。最高峰と言われた「Zpro」を超える手挽きミルが登場。価格も衝撃的だが、期待を120%上回る性能も衝撃。Zproと比較検証し判明した違いとは・・・?

Zpro/ポーレックス比較検証!

関連記事

こんにちは!コーヒーと健康、豊かな生活を提供するバリスタこまめです♪ 皆さんはコーヒーの味を 調整する時にどの条件を変えますか? ▪︎温度 ▪︎時間 ▪︎湯量 ▪︎挽き目 […]

Jproの原点になった台湾発の高性能ミル。外から挽き目調節可能なダイヤル、均一な挽き目で一躍有名になりました。その性能をポーレックスを用いて比較しました。
Twitterで毎日役立ち情報をチェック♪