【最強ミル対決!】MAZZER「OMEGA」vs COMANDANTE「C40 MK4」を比較

最強のコーヒーミル対決第2弾!

前回は「X lite」と「C40MK4」の対決でしたね

関連記事

[adcode] 最強のコーヒーミルと名高いCOMANDANTE「C40」 高い精度、滑らかな挽き心地、メンテナンス性。 どれをとっても非の打ち所がない素晴らしいミルです。   今回はそんな最強ミル[…]

異次元の粒度分布を誇る X liteの凄さを見せつけたな

今回もコマンダンテC40と、世界的に有名なメーカーで対決します。

MAZZER
「OMEGA」

MAZZERは、エスプレッソグラインダーで有名なイタリアのメーカーです。

1950年創業の老舗で、品質の高さから絶大な信頼を獲得しています。

シェアはなんと90カ国以上。

そんな有名メーカーが2022年に初めて手挽きミルを開発しました。

美しいフォルム、高い研磨技術、MAZZERの名に相応しいデザインです。
 
値段はコマンダンテより高額なんやな

手挽きミルの中で最高クラスの価格に位置し、非常に強気。

しかしそんな価格にも関わらず、現在は売り切れです。
 
やっぱりハイブランドは違いますね!
 
じゃあ実際の性能はどうなんやろな?

今回はそんな疑問について、世界最高峰のC40と比較して確認します。

検証には、コマンダンテ最新モデルの「C40 MK4」を使用します。
 
粒度分布とかは同じやから、一括りにC40として扱うで!

挽き目の範囲

C40とOMEGAの挽き目は、どちらも極細挽きから対応しています。

C40:極細~粗挽き
OMEGA:極細~粗挽き
一応どちらも万能ミルとして十分な機能を有していますね

特筆したいのは、OMEGAの方が微調整が利く点です。

C40だと、エスプレッソで使えるのは3~4段階程度。

58mmのポルタフィルターだと2段階程度が限界です。

対してOMEGAは10段階程度調整できます。

エスプレッソも楽しみたいなら、OMEGAがええかもな!

挽き目の調整方法

OMEGAはC40と比べて挽き目の変更がとても簡単です。

OMEGAの調節ダイヤルは外側にあり、番号が割り振られています。
すぐ調節できて、どの段階か一目でわかりますね!

C40等のミルは、粉受けを外してダイヤルを調整する方式がほとんど。

段階がわからなくなったり、時間的なロスが多いよな

誰が見ても明らかにわかる手軽さが、OMEGAの魅力です。

粒度分布比較

中挽きで比較すると、C40とOMEGAの分布は非常に近いです。

C40

OMEGA

近いどころか、ほぼ一緒やな

粗挽きの挽き目も似ており、粒度については同レベルと言えます。

C40

OMEGA

さすが世界的なメーカーですね

さらに微調整で勝るため、性能面ではOMEGAが優秀と言えます。

微粉量比較

微粉量は、成分の出やすさや抽出速度などに影響を与える重要な指標になります。

当サイトでは400μm以下を微分としています。
 
小麦粉より少しだけ粗い程度で、湯に溶けるレベルやで
それぞれ中挽きで、この微分量を測定しました!

比較すると、粒度分布のように全く同じ結果になりました。
 
ここまで一致すると、単純な性能で甲乙は付けにくいですね

挽き心地の比較

C40 MK4の優れた点

C40は数ある手挽きミルでも屈指の挽き心地の良さが特徴です。

噛み込み量が少ない上で切れ味が良く、浅煎り豆も軽くカットできます。

でもそのままやと、ボディがツルツルで挽き辛いよな

なので、グリップバンドが必須なんですよ

MK3にはありませんが、MK4には標準で付属しています。

これのある無しで、評価は段違い。

そのため、挽き心地はMK4を基準に考えます。

そしてC40のグラインド音や感触は、他のミルでは決して味わえません。

非金属をベースとしたミルって少ないもんな

C40の挽き心地を知ると、他には中々戻れません。

OMEGAの優れた点

OMEGAは非常に軽い挽き心地が特徴的。

 
C40と同じく豆の噛み込み量が少ないですね

特に良いと感じたのは、極細挽きでも挽き心地が変わらない点。

 
浅煎り豆でも細く挽きやすいのはええな

グラインド速度の比較

忙しい人にとって、コーヒー豆をいかに早く挽けるかはとても重要です。

速度で言えば、コマンダンテの方が断然早いと言えます。

 
回転数がOMEGAより少なく、ハンドルが短いからですね

OMEGAは挽き心地が軽い代わりに、速度面に難があります。

これは噛み込みの少ないSOFT刃を使用しているためです。

 
今後は速度重視の刃も登場予定やから、それに期待やな

重量の比較

重量が重いと、グラインド時の手の疲れや持ち運びに影響します。

どちらもグリップ装着が基本なので、付けたまま測定しました。

重さで比較した場合、OMEGAはC40よりも150g程度重いです。

 
MK4で実装された樹脂製の粉受けなら、200g程度違いますね

ちなみに、これはTIMEMORE「栗子X」と同じ重さです。

 
じゃあ持ち運ぶならC40やな
 
でも収納面ではOMEGAが優れるんですよ

OMEGAはハンドルを本体と一体収納できるため、取り回しが優秀。
 
重さか利便性のどちらを重視するかで、評価が変わるな

容量の比較

一度に多くの豆を必要とする場面では、大容量であるほど良いです。

例えばコーヒーを水筒に入れて持ち歩いたり、水出しとかな
ちょっとだけ容量が足りなくて2度挽きする事ありますよね

豆の体積で多少前後しますが、今回は中煎りのブレンドで測定します。

・OMEGA:40g
・C40(樹脂):35g

・C40(ガラス):40g

OMEGAはC40のガラス粉受けと同じ容量です。

 
違いとしては、着脱と掃除のしやすさやな

OMEGAの粉受けは、ねじ切りが短くほぼワンタッチで着脱可能。

秘密は本体側のパッキンです。

粉受けがしっかり留まるため、グラインド中の脱落もありません。

また、粉受けの中は段差等が無く、粉を綺麗に排出できます。

逆にC40のガラス瓶はくびれがあり、粉が溜まりやすいです。

 
使い勝手を含めると、OMEGAの粉受けは優秀ですね!

メンテナンス性の比較

コマンダンテC40

分解パーツリスト
▪︎軸
▪︎ワッシャー×2
▪︎バネ
▪︎内刃
▪︎調節ネジ

C40はパーツ構成がシンプルで、簡単に分解・組立できます。

 
気をつけるべき点は、ワッシャーの向きくらいですね

2枚のワッシャーにはそれぞれ凸部分があり、正しい方向に向ける必要があります。

それ以外は何もテクニックを求めません。

OMEGAよりも手軽に組み立てられるので、初心者に優しい設計です。

OMEGA

分解パーツリスト
▪︎軸
▪︎軸受け
▪︎ワッシャー
▪︎バネ
▪︎内刃
▪︎固定ピン
▪︎調節ネジ

OMEGAはC40よりパーツ数が多く、少しややこしいものがあります。

それが固定ピンです。

刃と軸を固定する役割を持つのですが、非常に小さい。
 
無くさないように要注意やで

この固定ピンには正しい向きがあり、画像のように挿入します。

平らな面が外側を向くようにセッティング。

逆にこのピン以外の手順は簡単です。

上下があるのは軸受けのみで、色のついた方が上を向きます。
 
バネやワッシャーには上下がないから楽勝!

最後はネジを締め切るだけで完了。

 
同様の外ダイヤル方式を採用したJPProの組み立ての方が断然ハードですね

OMEGAは組立てにテクニックを求めないので、お手入れは簡単。

しかしパッキンが消耗品のため、頻繁なお手入れはお勧めしません。

 
掃除をよくする場合は、C40の方がいいかもしれませんね

豆の入れやすさ

豆の入れやすさは、コーヒー抽出のストレスに影響します。

 
入れるのが簡単なら、気兼ねなくザッと投入できるもんな!

この点についてはどちらも優秀で、豆の投入には困りません。

特筆すべきは、OMEGAがハンドルを装着したまま投入できる点。

 
一度に40g投入せず、挽きやすい量を分割して入れるのもアリやな

コーヒーミル評価まとめ

COMANDANTE「C40 MK4」

手挽きミル評価軸(★・◎・○・△・×)
▪︎挽き目の範囲:◎(極細~粗挽き)
▪︎微粉量   :◎(少ない)
▪︎挽き心地  :★(非常に良い)
▪︎メンテナンス:◎(簡単/若干の粉残り
▪︎粉砕速度  :○(平均的)

C40 MK4全体的に優れたバランスを持ち、使い勝手も最高レベルです。

一言で言うと、軽い挽き心地の万能ミル。
 
人気の秘密は、性能以上に使い勝手の良さが関係してるかもな

OMEGAと比較すると、速さとメンテに優れています。

 
木の柔らかさを感じられ、質感が真逆な点も考慮したいですね!

created by Rinker
Comandante
¥54,869 (2022/10/05 04:18:24時点 Amazon調べ-詳細)

↓更に詳しい紹介はコチラ↓

関連記事

[adcode] 世界最高峰のミルと名高いCOMANDANTE(コマンダンテ)C40 多くのコーヒー好きが絶賛するミルで、登場して8年以上経過した現在でも人気です。   近年はMAZZERやTIMEMOREな[…]

MAZZER「OMEGA」

手挽きミル評価軸(●・◎・○・△・×)
▪︎挽き目の範囲:★(極細~粗挽き)
▪︎微粉量   :◎(少ない)
▪︎挽き心地  :★(良い)
▪︎メンテナンス:△(簡単だが非推奨)
▪︎粉砕速度  :×(遅い)

OMEGAは挽き目、挽き心地に特化して優れています。

ダイヤル式・収納面が優れる点など、使い心地も抜群。
 
代わりに速度面やメンテではC40の方がバランスは良いですね
 
OMEGAはゆったりコーヒータイムを楽しむのにオススメやな

↓更に詳しい紹介はコチラ↓

関連記事

[adcode] 世界最高峰の手挽きミルといえば? コマンダンテ?タイムモア? 最近は様々な高性能ミルが登場し「最強はコレ!」と一概に言えない状況です。   それぞれのミルには特徴があり、それが使用者の理想に合[…]

この記事はあなたの役に立ちましたか?「こんな情報も欲しい」等ご要望あれば、お気軽にご連絡ください!
Instagramでは動画や投稿で器具の魅力を伝えているので、是非フォローをお願いします。
ブックマーク・シェアもしてな~