【タイムモア/栗子X】メンテナンスの手順・注意点を徹底解説!(動画付)

 
こんにちは!コーヒーミル大好きバリスタこまめです♪

今回はタイムモア栗子Xを
お持ちの方向けに
メンテナンス方法について
解説していきたいと思います。

▪︎掃除に役立つ道具を知りたい
▪︎栗子Xの分解方法がわからない
▪︎栗子Xの組み立てのコツを知りたい
▪︎パーツの向きがわからない
▪︎メンテナンス性を確認したい
▪︎メンテの注意点を知りたい

栗子Xの詳細な性能検証については
コチラをご覧下さい↓

関連記事

皆さんは「栗子X」というコーヒーミルをご存知ですか? 中国のコーヒー器具メーカーTIME MORE(タイムモア)が2020年末に発売した高級ミルです。 ミル刃、ハンドルなど至る所に特許技術を詰め込み今までにない斬新なデザインはグッド[…]

栗子Xのメンテナンス性の評価

結論から言うと、
栗子Xはメンテナンスが
少し難しい部類に入ります。

 
栗子X以外のタイムモア製ミルは簡単ですが、以下の理由からメンテナンス難度が上がりました。
▪︎上下非対称のパーツが登場
▪︎外刃の脱着に星ネジドライバーが必要
▪︎粉受けにくびれがある
▪︎ダイヤル合わせに慣れが必要

特に今回の難所はダイヤル調整。

 
付け方間違えやすいし、嵌め込む手順がややこしいねん‥

外刃はタイムモア製共通で
基本外さない事が前提です。

 
外刃を一度外すと調整が超面倒なので、外さずしっかり掃除できる方法を教えます!

栗子Xメンテナンス方法解説

メンテナンス解説動画

写真では解説が難しいので、
動画と併用して確認してください。

https://youtu.be/0xyCAua6bl8

 

 
動画は全体で4分程度なので、気軽にご覧あれ♪
では、次に動画で紹介した方法の
詳細を確認していきましょう。

分解の手順

①調整ダイヤルを外す

粉受けを外し、調節ダイヤルを
反時計回りに回して外します。

②ダイヤル盤を外す

内刃にくっついている
ダイヤルが刻まれた円盤を外します。

③内刃を外す

落とさないように注意して、
内刃を外します。

 
斜めに倒して慎重に!

④バネ・軸・ワッシャーを外す

内刃の奥にバネがあるので外します。

その後、軸を外すとワッシャーが
外れて落ちてきます。

これで分解は完了です。

 
ここまでポイントはバネとワッシャーの向き!
▪︎ワッシャーの凸部分→ハンドル側
▪︎バネの太い部分→ハンドル側

こんな感じになります。

これさえ覚えれば、
パーツに関しては心配ありません。

 
ワッシャーの紛失だけは注意してや!

清掃の手順

必要な掃除道具

▪︎ミニ箒
▪︎360°ブラシ
▪︎ミルブラシ
▪︎ブロワー

上記があれば、
ピカピカに掃除できます。

 
ちなみにタイムモア製品に付属するミルブラシは、超優良品なので使って下さい!

360°ブラシは
小型犬用の歯ブラシが役立ちます。

ミル本体の奥を清掃したり
細かい溝部分にも有効なので
ミル掃除の心強い相棒です。

created by Rinker
ビバテック
¥620 (2021/09/27 09:12:15時点 Amazon調べ-詳細)

最後にブロワーで
残った粉を吹き飛ばせば
綺麗に仕上がります。

小型のブロワーは
他社製品の付属品を使っていますが
以下のようなピンポイントで
清掃できるものもオススメです。

created by Rinker
ハクバ
¥1,199 (2021/09/27 09:12:15時点 Amazon調べ-詳細)

①内刃の掃除

内刃はミルブラシで清掃します。

豆の油分で粉がこびりつくことも多いので、コシの強いブラシがオススメ。
 
ミルの核になるパーツなので、落下や水気に注意!

②その他パーツの掃除

・スプリング
・ワッシャー
・軸
・調節ネジ

上記はミルブラシで軽く
掃除するだけで汚れが落ちます。

 
調節ネジや軸には油分がつきやすいので、気になる場合はタオル等で拭き取ろう!

③ダイヤル盤の掃除

ダイヤル盤には細い溝があり
普通のブラシでは掃除が困難です。

こんな時に、
歯ブラシが役立ちます。

 
ブラシを沿わせて、ダイヤル盤を回転させるだけ!

④本体・外刃の掃除

外刃と本体は360°ブラシで
簡単に掃除することができます。

 
僕は2種類のブラシで汚れを外に押し出したり、微粉をキャッチさせています

動画を見るとわかりやすいので
是非ご確認ください。

⑤粉受けの掃除

粉受けは内側に
くびれが存在します。

 
ここの微粉がしつこい!

歯ブラシとミルブラシで
入念に取り除いた結果がコチラ!

また、ネジ状の溝があるので
ここもしっかり取り除きます。

ネジ部分に微粉が詰まると、
ギギギっと不快な音がしたり
メッキが剥げる可能性もあります。

 
付属のミルブラシでも充分取れるので、こまめに掃除してあげて!

清掃は以上です。

組み立て方法

分解の逆の工程なのですが、
間違えやすい箇所があるので
詳しく解説していきます。

①軸の取り付け

軸は工夫不要です。
そのまましっかり差し込みます。

②ワッシャー・バネ取り付け

写真の通り方向に気をつけて、ワッシャーとバネを軸に取り付けます。
▪︎ワッシャーの凸部分が上向き
▪︎スプリングの太い部分が上向き

間違えないようご注意下さい。

③内刃・ダイヤル盤取り付け

内刃とダイヤル盤は
取付け前に合わせておくと
軸の嵌め込みが楽になります。

 
軸とダイヤル盤の穴の形状が四角いので、嵌め込み方は2通りだけ!
 
ただし!ダイヤル盤の向きに要注意や!

必ずダイヤル番号「11」が
上になるようにセットします。

逆になると締め切った際、0点(原点)の番号が0にならず11になります。
 
ここさえクリアできれば、あとは調節ネジを締めるだけ!

④調節ネジを締める

ダイヤル盤が飛び出さないよう
指で押さえ調節ネジをはめ込み
時計回りに締めます。

ネジが回らなくなるまで締めたら、ダイヤルが0に収まっているか確認しましょう。

問題なければ
粉受けを装着して
メンテナンスは終了です。

 
ここまで頑張りましたね!

栗子Xメンテナンスまとめ

大事なポイントを
おさらいすると・・・

・細かい溝もキッチリ掃除すること
・パーツの向きに注意
・ダイヤルの向きに注意

栗子Xはタイムモア製品の中で
最も力の入ったミルです。

そのため、
シリーズの中では
メンテが複雑で繊細。

 
一見面倒臭そうですが、ポイントを押さえると簡単ですよ♪
何よりも独特なギミックや
スペアパーツの存在など、
栗子X独自の恩恵も多いので
持っていない方は是非ご検討ください。

↓栗子Xをチェックしてみる↓

created by Rinker
TIMEMORE
¥34,500 (2021/09/27 15:54:42時点 Amazon調べ-詳細)

これからも栗子Xについて
わかったことがあれば
都度お知らせしていきます。

 
次回の記事でまた会おう!
 
この記事が役に立ったと思ったら、是非ブックマーク・シェアよろしくお願いします♪