【比較レビュー】TIME MORE「slim plus」と「nano」の違いは?性能を徹底検証!

こんにちは!タイムモア非公式アンバサダーのこまめです!
2021年11月現在、タイムモアから発売しているグラインダーを全種所持しています。
nanoやG1は検証済みなので、サイトのカテゴリ一覧からご確認ください

そして、今回検証するのがコチラのミル。

TIME MORE
「slim plus」

plusってことはnanoと同じように、新型の刃入れ替えたヤツやな!

ただ、nanoと違ってslim plusは1種類のみとなっています。

そんな「slim plus」は見た目も中身も「nano plus」とそっくり。
nano plusを細長くした感じですね
・どこが同じで、どこが違うのか?
・性能は同じなのか?
・値段相応の価値はあるのか?

今回はそんな疑問を検証しつつ「栗子slim plus」を詳しく紹介します。

「slim plus」「nano plus」は、以降「slim」「nano」と呼称します。

TIME MOREとは?

栗子slim plusはTIME MOREというメーカーが、ミル刃から全て自社製造しています。

タイムモアは2012年に設立した中国のコーヒー器具メーカー

中国製と聞くと身構えるかもしれませんが、最近は様々なメーカーが製造委託してるのは中国です。

やっぱ日本の商品は品質が良い!

と思っているその商品は、中国で製造・組み立てた商品かもしれません。

さらに中国はコーヒー需要が加速し、様々な企業が器具販売に注力し始めました。

そんな国から生まれたタイムモアの製品は、上海のスタバで取り扱われるほど高品質であると認められています。
ユーザーの声を反映したアップデートも都度行っており、現在も躍進中のタイムモアから目が離せません!

栗子slim plusの特徴

【基本情報】
名称:栗子slim plus
容量:20g
重量:約440g
高さ:16cm
幅 :4.5cm
ミル刃:ステンレス製(S2C刃)
挽き目:36段階
生産国:中国

slimは横幅や刃もnanoと同じ。

これで性能も同じなら、nanoの容量の少なさの悩みを解決できますね!
性能検証は後でやるで

スリムなボディ

slimやnanoは、他のメーカーでは実現できないサイズまで絞ったボディが特徴です。

接合部の凹凸もなく、一切の無駄を削ぎ落とした完璧な造形美。

nanoはポケットサイズに対し、slimはペンライトを彷彿とさせます。

リュックのホルダーに固定できる等、形状のメリットを存分に発揮できます。
ソロキャンプならnano、複数人ならslimと使い分けできるのが嬉しいですね!

自社開発の「S2C」刃を採用

タイムモアのplusシリーズは、同社が独自設計した刃「S2C」が使われています。

2020年までC2と同じノーマル刃でしたが、plusシリーズ刷新に伴い廃止されました。

現在はnanoだけS2C刃(左)かノーマル刃(右)を選択できるようになっています。

S2C刃は「Spike to Cut(突き刺して切る)」という考え方で、刃の上部の切れ目が特徴的。

従来の刃も優秀やのに、変える必要あったん?
同業他社の多くが同じ刃を使い始めたので、差別化が必要だったんです。

そんな独自技術の結晶S2C刃は、ノーマル刃と比較して以下の4つの違いがあります。

▪︎グラインド速度が速い
▪︎粒度分布は同等
▪︎挽き目調整範囲が広い
▪︎挽き心地は重い

粒度はノーマル刃とほぼ同じで、挽き目の幅広さと細挽きの速度で優っています。

シンプルに、S2C刃はノーマル刃の上位互換と言えますね!

ハンドルを付け替え可能

容量的にはslimがいいけど、ギミックはnanoがいいんよなぁ

と、お悩みのあなたに朗報です。

slimは軸の構造やボディの幅がnanoと同じため、nanoのハンドルがそのまま使えます。
つまり、slimを購入してnanoのハンドルだけ買えばOK!
そんなことできるん?

タイムモアは部品単位で購入できるので可能です。

↓nanoのハンドルをチェックする↓

created by Rinker
TIMEMORE
¥4,000 (2021/11/27 03:39:10時点 Amazon調べ-詳細)

これで、ギミックも兼ね備えたslimが完成します。

実際の使い心地は?
挽きやすさで言えば、slimの方が良いですね

長さが違う点と、ハンドルそのものの構造が影響しています。
nanoのハンドルはslimに比べて30g程度重いのも要因やな

まとめると‥

【nano/ハンドル】
▪︎収納しやすくなる
▪︎常時ミルに蓋ができる
▪︎slimより重く、長さが短い
【slim/ハンドル】
▪︎リーチが長く挽きやすい
▪︎nanoより軽く扱いやすい
▪︎持ち物が増える
自分の好みや用途に合わせて、選んでみて下さい!

グリップ力が高い

slimやnanoは、無数の凹凸状の滑り止め加工がされています。

これをダイヤモンド・パターン加工というんや!

同じ加工を施したC2と比較すると、nanoやslimは少し配置が異なります。

C2は縦目。nano・slimは斜め状の配置

C2よりもエッジの効いた感触で、グリップ力が更に増しているように感じます。

ただ、硬い豆を挽くとグリップが強すぎて掌が痛くなるので注意!
そんな時は、斜めに倒して挽けば軽減できるで!

細挽きに強い

slimは以下の特徴から、エスプレッソ挽きなどの細挽きも得意です。

▪︎グリップが強力
▪︎豆の噛み込みが早い
▪︎nanoより挽き心地が軽い

nanoも極細挽きできますが、深煎り豆は12g程度しか挽けず容量が物足りません。

slimは容量が大きいので、エスプレッソ用としての相性も良いと言えます。
これで手軽にエスプレッソを作れるな!

栗子slim plusの評判・口コミ

▪︎細挽が早く挽ける
▪︎挽き心地が良い
▪︎高級感がありコスパが良い

slimユーザーはnanoほど多くないですが、挽き心地や速度の評価が非常に高いです。

ハンドルについては「ギミックが無い方が使いやすい」という声もありました。
nanoは人気ですが容量に不満を持つ評価も一定数あるので、気になる方はslimがベストです!

栗子slim plus検証

挽き目の検証

slimはnanoと同じくエスプレッソからプレスまで幅広く対応可能です。

商品説明によると、以下の粒度が目安になります。

▪︎エスプレッソ:8-11クリック
▪︎ハンドドリップ:15-19クリック
▪︎フレンチプレス:20-22クリック
(※0~6は刃を痛めるため使用不可)

slimはnanoとほぼ同じ特性をもちますが、性能が同じとは限りません。

ノーマル刃のnanoとC2のように、同じ刃でも構造が違うと精度が大きく変わります。

slimはnanoと比べて軸が長いため、それだけで違いが出る可能性があります。

なので今回は、以下の点を検証しつつ比較しましょう!
①エスプレッソ(極細)挽きは可能?
②粗挽きはどこまで実用的?
③中挽きはどのあたり?

①エスプレッソ(極細)挽きは可能?

slimもnanoと同じくエスプレッソ挽きが可能です。

挽き目もnanoとほぼ同じ。キャプテンスタッグよりも細かめ。

20gを9気圧で抽出すると4分かかったので、同等と言えます。

ちなみに粒度「10」で抽出すると、シャバシャバのエスプレッソになります。

マキネッタなら丁度いいかもな

②粗挽きはどこまで実用的?

粗挽きの目安としてJPpro「125」と比較して、どこまでが実用的か検証します。

結果「25」が近い範囲になりました。
ここもnanoと全く同じ!
C2やG1は29~30クリックが妥当なので、slimの方が1クリックあたりの調整幅が大きいです。

③中挽きはどのあたり?

中挽きの定義は様々ですが、当サイトはカルディの挽き目「8」を基準にします。

入手しやすくチェーン系列の中で一番粒度が均一なため、中挽きの基準として参考にしやすいです♪

検証した結果「17」が近い挽き目となりました
これもnanoと同じやな

微粉量検証

slimの微粉量を、以下の方法で検証します。

【検証の方法】
▪︎マイルドカルディ30gをグラインド
▪︎「#30・#40・#50」のふるいに1回ずつかける

「#30」は1インチ(2.54cm)四方に30個の穴があるという意味。

#の数値が多いほど細かいです!

slimの挽き目「17」で微粉量を検証した結果、以下のようになりました。

▪︎#30より大きい:19.8g
▪︎#31~#40未満:3.8g
▪︎#40~#50未満:3.4g
▪︎#50より小さい:2.8g

数値上でも、nanoと粒度分布に近い事がわかります。

これで、外見も性能もnanoと同じだと証明できましたね!
それにしてもC2maxの挽き目の正確さは異常やな

刃の性能はS2Cが上ですが、構造面ではC2シリーズが非常に優秀なためです。

↓C2の性能検証はコチラ↓

関連記事

皆さんは安くて美味しいB級グルメはお好きですか? もしB級グルメのように安くて性能がいいコーヒーミルがあったら、買いたくなりません? それなら、タイムモア栗子C2をオススメします。 栗子?なんか[…]

とはいえslimの性能は、ハンドミルの中でもクセが少なくバランスが良い方です。

携帯性を重視するなら、slimに軍配が上がりますね

メンテナンス性の検証

slimは、nanoと同じ手順で分解・メンテナンスが可能です。

タイムモアのミル共通で、ダイヤル盤をミル刃と軸の両方に合わせる必要があります。
難しくはないですが、刃を嵌めてすぐ固定できないので少し面倒
コマンダンテなどは刃本体がダイヤルと一体化しているため、ネジをすぐ留められます。

nanoはボディが短く掃除が簡単でしたが、slimは細長いため360°ブラシが有効です。

大雑把にブラッシングした後、ブロワーを吹き付ける方法が掃除しやすい♪

グラインド速度比較検証

slimの挽き目「17」で豆を20g挽いた結果、下記の値が得られました。

▪︎時間:36秒
▪︎回転数:約60回転
他のミルと比較すると、こんな感じ!
▪︎栗子C2「21」:35秒
▪︎JPpro「82」:30秒
▪︎栗子G1 plus: 48秒
▪︎栗子slim plus:36秒
▪︎コマンダンテ「32」:1分1秒
▪︎ポーレックスミル2「17」:1分5秒

C2と同等の時間で挽けるため、手挽きミルの中ではトップクラスの速度を誇ります。

ちなみに最小の挽き目で比較した場合、同社のミルの中では最速!
▪︎栗子C2「9」:4分15秒
▪︎栗子G1 plus「7」:1分24秒
▪︎栗子slim plus「7」:54秒

一段階上の「8」で挽いた場合、42秒という驚異的な時間で極細挽きができます。

近い値段帯のミルで、ここまで細挽きに優れたミルはないで

栗子slim plusの評価

メリット・良い点

▪︎あらゆる挽き目に対応できる
▪︎全体的にグラインド速度が速い
▪︎収納性・携帯性が高い
▪︎ハンドルを変更できる
▪︎汚れが目立たない

slimはnanoと同じ精度・使いやすさを実現しつつ、容量が20gまである点が優秀です。

複数人でコーヒーを楽しむなら、slimの方が手間を大幅にカットできます。
エスプレッソ用の豆も1度で挽けるし、家庭用ミルとしても採用の価値があるで!

中挽きの精度はC2が優秀なので、ハンドドリップ用と細挽き用で使い分ける事もできます。
slimも汎用性高いから、コレ一台でも十分ですよ!

デメリット・気になる点

▪︎細長く掃除がしづらい
▪︎硬い豆を挽く際に工夫が必要

slimは性能面では非の打ち所がないほど、バランスが整った万能ミルです。

ただし、硬い豆を挽く際は噛み込み量を減らさないとハンドルが止まります。

なので、浅煎りのグラインドには注意!

もし仮に浅煎りを細挽きにしたい場合は、栗子Xがベストです。

時間はかかるが、ハンドルが軽く浅煎りの極細挽きもできるで!
↓栗子Xの性能検証はコチラ↓
関連記事

世界最高峰の手挽きミルといえば? おそらくコマンダンテ「C40」の名前が挙がるのではないでしょうか。 ↓最高峰と言われる理由はコチラをチェック↓ [sitecard subtitle=関連記事 url=https://seikat[…]

栗子slim plusをオススメしたい人

▪︎nanoの容量が物足りないと感じる
▪︎キャンプでコーヒーを複数杯淹れたい
▪︎外でもエスプレッソを抽出したい
▪︎万能なミルが欲しい
▪︎末永く使えるミルが欲しい

「電動ミルまでは必要ないが、エスプレッソが作りたい」という方にはslimが最適。

nanoはエスプレッソ抽出をするのに少し容量が足りひんからな
外用でも家庭用でも活躍できるので、ミルとしての完成度は非常に高いです。
頑丈な上、もし破損しても部品交換できる点もアウトドア向きと言えますね!

栗子slim plusレビューまとめ

栗子slim plusは、タイムモアが販売するミルの中で最も扱いやすいと感じました。

10,000円台のミルは「ここが足りない‥」という不満が出やすいですが、slimにはそれがない!

携帯性・性能・挽きやすさ、どれもバランスが良く値段相応の価値を備えています。

一々買い替えなくていい点も、ユーザーにとってはメリットやな

slim plusはきっと、手放す事ができないミルの一つになります。

ワンランク上の使い心地を、是非確かめてみてください

↓栗子slim plusをチェックする↓

created by Rinker
TIMEMORE
¥13,200 (2021/11/27 11:57:36時点 Amazon調べ-詳細)
この記事はあなたの役に立ちましたか?「こんな情報も欲しい」というご要望あれば、お気軽にご連絡ください!
ブックマーク・シェアもしてな~