【挽き目検証】キャプテンスタッグコーヒーミルの中挽きはどこ?調整幅を検証した結果・・・

セラミックコーヒーミルといえば何を想像しますか?
やはりポーレックスが代表的ではないでしょうか

先日「コーヒーミル2」の記事で微粉や粒度などを徹底的に検証しました。

↓見れば納得!ポーレックスの性能検証↓

関連記事

手挽きミルと聞くと、何を想像しますか? オシャレな木製ミルとか メタリックなもの等々・・・ その中でセラミックコーヒーミルと呼ばれる器具をご存じでしょうか? その名の通り、セラミックという硬度の高い焼成体をミル刃に使用し[…]

ポーレックスは作りもしっかりしていて、細挽きが得意な手挽きミルです。

今回はそんなポーレックスと比較したいミルがあるので紹介します。

キャプテンスタッグ
ステンレスハンディーコーヒーミルS

アウトドア向けに売り出されている小型のコーヒーミルです。
僕が所持しているのは、Amazon限定のカラー♪

ポーレックスより安く買いやすい価格なので、どの程度の性能か気になりました。

どのサイトを見ても、微粉量についての記述はないんよな

今回も微粉量や速さなど比較するので、ご購入の参考にして下さい。

キャプテンスタッグとは?

キャプテンスタッグは、パール金属株式会社の1部門からスタートして会社設立に至ったブランドです。

★キャプテンスタッグの誕生
1976年、家庭用品を扱うパール金属株式会社のアウトドア部門としてスタートした。
大地を悠々と移動して生活するたくましい牡鹿の群れ。そのリーダーとなるものは、群れの統率をとり、仲間を安全な場所へと導く大切な役割を果す。そして仲間からの信頼も厚い。そんな牡鹿(STAG)のリーダーというイメージに、『大自然の中で頼りになる存在』となりたいという思いを込め、アウトドア総合ブランド『CAPTAIN STAG』を立ち上げた。2012年には、『キャプテンスタッグ株式会社』を設立。
【引用】https://www.captainstag.net/about/
だからキャプテンスタッグとパール金属の名前が一緒に出てきたりするんやな!

そのパール金属は、1967年からモノづくりの町である新潟県でスタートしています。

確かな技術力と商品開発力が、現在のアウトドアブランドの地位を築いているんですね
どっちかと言うとパール金属よりもキャプテンスタッグを推してる感あるな

キャプテンスタッグコーヒーミルの特徴

【基本情報】
・正式名称:18-8ステンレスハンディーコーヒーミルS
・型番:UW-3501
・容量:最大17g
・重量:231.5g(※ハンドル・滑り止め込み)
・高さ:13.5cm
・直径:4.5cm
・ミル刃:セラミック製
・挽き目:12段階(検証値)
・生産国:日本

凹凸のないフォルム

ボディに段差ができないよう、接続部が加工されている点が特徴的。

蓋や粉受けを装着すると、ストンと引っ掛かりのない形状になります。

ポーレックスなどは、写真のように凹凸が発生して引っ掛かるポイントなります。

持ち運びを意識した質の高い加工と言えますね!

カラーバリエーションが豊富

キャプテンスタッグのミルは、他社のミルに比べてカラー展開が豊富。

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥4,990 (2021/10/18 14:59:39時点 Amazon調べ-詳細)
2021年時点では以下の4色が展開中!
▪︎シルバー
▪︎グリーン
▪︎レッド(Amazon限定)
▪︎カーキ(Amazon限定)

しかもAmazon限定品はメッシュケースまで付いてきます。

↓Amazon限定品をチェックする↓

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥4,990 (2021/10/18 14:59:40時点 Amazon調べ-詳細)
僕は赤を購入しましたが、塗装も丁寧でとても満足です♪

コンパクトで軽い

キャプテンスタッグのミルは、滑り止め込みで優れた軽さを実現しています。

軽量化に力を入れていますが、各パーツの品質を確保しているのは凄いと思います。
安かろう悪かろうとは言わせない!

その代わりスペック容量は17gと、一度に作れる量はコーヒー1.5杯分程度。

実際に中挽きのマイルドカルディ詰め込むと、ギリギリ20gまでは入りました。
浅煎りであれば2人分は作れるかもな

外刃が固定されている

キャプテンスタッグのミルは外刃が固定されているため、ポーレックスやHARIOのようにガタつきがありません。

外刃が動くと粒度にも影響出るからな

代わりに洗浄ができない点と外刃が交換できないデメリットもあるので、ご自身の求めるスタイルを考慮して検討して下さい。

実際に粒度が安定するかどうかは、後程測定してみましょう!

ハンドルが軽く挽きやすい

キャプテンスタッグのミルはハリオやポーレックスと比較しても、挽き心地が非常に良いと言えます。

ハンドル自体の長さが短く、刃に接触する豆の量が少ないためハンドルの重さを感じません。
最小の挽き目でもスルスル回せるな!

その代わりに、挽き切るまでに時間がかかり回す回数も多いです。

速度についても後程検証します!

分解組み立てが簡単

外刃が外れないので、各パーツに分解してもこれだけで済みます。

初心者でも混乱せず、手軽にメンテを楽しめます♪

また、調節ネジも取り付けやすく締め付けに力が必要ありません。

女性でも取り扱いやすいな!

内刃が水洗い可能

外刃は固定されているので洗えませんが、内刃は洗浄できます。

個人的にはブラシ清掃だけでも十分だと思っています

セラミックにコーヒーの油分が付着するのが嫌な場合は、ポーレックスがオススメです。

キャプテンスタッグコーヒーミルの口コミ

▪︎日本製で作りがしっかりしている
▪︎ハンドルが軽い
▪︎軸ブレが気になる
▪︎アウトドアに向いている

ポーレックスと同じく、日本製であることの安心感が購入理由に多く見られました。

また、ポーレックスより造りが良いという評価も見かけます。
マイナス意見として軸ブレが挙がっていますが、ほとんどのセラミックミルに軸ブレを確認しています。

残念ながらこの値段帯のミルで軸ブレさせないのは、技術的に不可能なんでしょうね

もし軸ブレを気にされる場合は、1Zpresso社のミルが手堅いです。

↓Zproをチェックする↓

関連記事

皆さんはコーヒーの味を 調整する時にどの条件を変えますか? ▪︎温度 ▪︎時間 ▪︎湯量 ▪︎挽き目 全部とても大事ですよね!その中でも、挽き目はどれだ[…]

↓JPproをチェックする↓

関連記事

グラインダーで コーヒーの美味しさは変わる。 [adcode] この理由は、前回のZproの記事で触れました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://seikatu-goods.com/househ[…]

安くて粒揃いの良いミルを求める場合はタイムモア「C2」がオススメ♪

↓タイムモア「C2」をチェックする↓

関連記事

皆さんは安くて美味しい B級グルメはお好きですか? もしB級グルメのように安くて性能がいいコーヒーミルがあったら、買いたくなりません? それなら、 タイムモア栗子C2をオススメします。 […]

日本と海外のレベル差を感じるわ
今の日本のコーヒーミルといえば「Made In TUBAME」とセラミックスがほとんどですからね‥

より正確な挽き目を求める場合は、海外の製品もご検討ください。

キャプテンスタッグコーヒーミル検証

挽き目の検証

キャプテンスタッグのコーヒーミルは、挽き目に関する目安や説明がありません。

なので以下の点を検証して、実用的な範囲を探っていきます
①0点(原点)はどこ?
②中挽きはどのあたり?
③エスプレッソは作れる?
④粗挽きはどのあたりまで実用的?

①0点(原点)はどこ?

今回の検証では、一切ハンドルが回らないところから辛うじて回せる段階を最小の挽き目(0点)とします。

検証してみると、一番閉めた状態から反時計回りに3クリックが0点になりました。
かなり細く挽けているように見えるな!

②中挽きはどのあたり?

中挽きの定義は様々ですが、当サイトはカルディの挽き目「8」を基準にします。

入手しやすくチェーン系列の中で一番粒度が均一なため、中挽きの基準として参考にしやすいです♪
中挽きは「7」が最も妥当な挽き目でした
「8」は粗いカケラが増えますが、中挽きとしてはバランスも充分!

逆に「6」は見比べると明らかに粒が細かいため、候補から外れました。

ハンドドリップなら「7」「8」クリック目をオススメします!

③エスプレッソは作れる?

キャプテンスタッグコーヒーミルの最小の挽き目「3」でエスプレッソが作れるか実験しました。

下記の条件で45秒以上抽出できれば合格ラインとします。

▪︎豆量:20g
▪︎圧力:9気圧
結果、ちょうど良い感じでエスプレッソが抽出できました!
9気圧で約50秒だったので、挽き目「3」でベストな抽出が可能です。

④粗挽きはどのあたりまで実用的?

粗挽きの目安としてJPpro「125」と比較し、どのあたりまで実用的か検証しました。

JPproの「125」が粗挽きの目安の限度として設定されているので指標にしやすい!

結果、12段階までが実用的な範囲で使用できることがわかりました。

微粉を取り除いた粒度を計測すると「11」は小さい粒度の割合が多く「12」までが妥当といえます。

微粉量検証

キャプテンスタッグコーヒーミルの挽き目「6」~「8」で微粉量を計測します。

【検証の方法】
▪︎マイルドカルディ30gをグラインド
▪︎「#30・#40・#50」のふるいにかける

「#30」は1インチ(2.54cm)四方に30個の穴があるという意味です。

つまり#の数値が多いほど細かくなります

この作業を以下のセラミックミルでも行い、キャプテンスタッグと比較していきます。

▪︎リバーズ「7」
▪︎ボンマック「8」
▪︎スマートG「8」
▪︎ポーレックス「11」

ふるいにかける過程でロスが出るので、あくまで目安としてお考えください。

挽き目「7」の結果は下記の通り。

#30以上:18.0g
#30~39:3.4g
#40~49:3.7g
#50以下:4.5g

他のミルの結果も写真掲載するのでご覧ください。

口コミは軸ブレによる粒度のバラツキの指摘が複数ありますが、実際に数値で計測すると優秀である事がわかりました。
他のミルも軸ブレしてるから一緒なんよね

ちなみに挽き目「6」「8」のデータは写真の通り。

「6」は最大粒子径が他のミルと比べて小さいので、全体的に小さな粉が増えています。
「8」になると微粉もかなり減るので、クリアなコーヒーを楽しみたい方にピッタリです

グラインド速度検証

キャプテンスタッグコーヒーミルを挽き目「7」で挽いた結果、下記のデータが得られました。

・時間 :1分56秒
・回転数:約300回転

他のミルと比べるとこのようになります。

▪︎C2:44秒
▪︎Zpro:50秒
▪︎JPpro:30秒
▪︎Grinder Go:38秒
▪︎スマートG:2分30秒
▪︎オーシャンリッチ:1分26秒
▪︎ポーレックス(新型):1分15秒
▪︎ポーレックス(旧ミニ):1分37秒
ハンドル自体の挽き心地は最高なんやけど、回す回数が多いねん
複数杯淹れるよりも、1杯分が妥当ですね!

キャプテンスタッグコーヒーミルの評価

メリット

▪︎ハンドルが軽く誰でも扱いやすい
▪︎エスプレッソ挽きができる
▪︎メンテナンスが簡単
▪︎国産でありながら安価で優秀

「安いから性能が心配」と思っていましたが、大変失礼しました。

3000円~4000円台でエスプレッソもできて、中挽きもある程度安定しているという点が素晴らしいです。

初めての手挽きコーヒーミルとして試しやすく、1人用なら十分満足できる性能といえます。

気になる点

▪︎腕が疲れやすい
▪︎外刃が外せない
▪︎容量が少ない
検証するほど、ゆったり一人で楽しむミルって感じやな

また、キャプテンスタッグは安い代わりに外刃は交換できないので、外刃が摩耗した場合は買い換える必要があります。

セラミックは耐摩耗性が金属よりも高いため、外刃が摩耗するにはかなりの時間を要しますが・・・
つまりは値段以上は活躍できるってことやな

キャプテンスタッグをオススメしたい人

▪︎外出先でコーヒーを淹れたい
▪︎エスプレッソ挽きができるミルが欲しい
▪︎安くて性能のいいミルが欲しい
▪︎初めての手挽きミルを考えている

手挽きミルはピンからキリまであり、特に3000円代のミルは失敗も多い値段帯です。

その中でもキャプテンスタッグのミルは安定した性能で、最初のミルとして選んでも十分な活躍が期待できます。
いきなり6000~7000円台のミルを買うよりも、手挽きミルがどんな感覚なのか知る指標になりますね!

カラーバリエーションも多いので、ゆっくりご覧になって探してみてください。

キャプテンスタッグ
コーヒーミルをチェックする
↓↓↓↓↓

created by Rinker
パール金属(PEARL METAL)
¥3,336 (2021/10/18 14:59:51時点 Amazon調べ-詳細)

次回はポーレックスとの違いの比較や、リバーズのミルもレビューする予定です。

次もお楽しみに!
この記事が役に立ったと思ったら、ブックマーク・シェアもよろしくやで!