【green house】水出しコーヒーを5分で作る!?コールドブリューメーカーを検証した結果・・・

あなたは夏に熱い飲み物を飲みますか?
冷たい飲み物を飲みますか?
僕は断然冷たい飲み物です
やっぱり夏はアイスコーヒーやんね!

ではアイスコーヒーなら「急冷式」や「水出し」どんな抽出方法が好きですか?

どっちも美味しいけど、個人的には水出しが好きです

まろやかな風味・濃厚な落ち着いた印象が際立つ水出しは、テクニックも不要で簡単に作れます。
水出し好きなあなたに役立つ記事もあるので、ご興味あればご覧下さい♪

↓水出しコーヒーの美味しい抽出方法↓

関連記事

皆さんはアイスコーヒーは好きですか? そろそろ夏やし、ホットは厳しくなってきたな 保存している豆も、暑さで劣化しやすいので、早めに消費したいですよね そんな時に役立つのが、 水出しアイ[…]

↓オススメの水出し5選↓

関連記事

日本の夏はとにかく暑い。 ジメジメしてるし、土地が狭いから放射熱もハンパねぇ!! 30℃超えとなると、流石にアツアツのコーヒーを飲む気になれませんね。 アイスコーヒーを作るにも、ホットを抽出[…]

でも時間がかかるんよな‥

水出しコーヒーは普通に作ると、4~8時間と長時間の抽出が必要です。
飲みたいと思った時に飲みたいねん

ではもし「飲みたい!」と思った時すぐに水出しが作れたら、嬉しくないですか?

そんな願いを叶える水出しコーヒーメーカーが登場しました!

green house
「GH-CBCMA」

このコーヒーメーカー。見た目やギミックだけでなく機能面も優秀。

水出しコーヒーが大好きなあなたに、今年1番オススメしたい最高の器具です

その性能がどんなものか、詳しく紹介していきます。

green house「GH-CBCMA」とは?

「GH-CBCMA」は2021年6月に発売された真空抽出という方法で水出しができるコーヒーメーカーです。

加圧・減圧を繰り返し、普通の水出しコーヒーより早く抽出ができるようになりました。
現在特許出願中とのこと!

メーカーについて

green houseはオフィス製品を主力に、ビールサーバーなどキッチン関連も手広く対応している会社です。

キッチン用品だとフードスモーカーの人気が結構高いですね

↓フードスモーカーを確認してみる↓

created by Rinker
グリーンハウス(Green House)
¥4,784 (2022/11/28 16:21:48時点 Amazon調べ-詳細)
こんな面白い製品があるなんて知らんかった!

重量

「GH-CBCMA」の重量は752gと、ペットボトル1本半程度の重さ。

全体がプラスチック製ということもあり、想定以上に軽いです。

商品コンセプトが屋外も想定しているから、軽さも考慮されているんですね!

大きさ・寸法

・最大幅:17.2cm(取手と抽出口含む)
・奥行き:14.1cm
・高さ :17.8cm

小さくはないですが、前述したように屋外持出しの想定がされており、取っ手のデザインが考慮されています。

体積は500mlのペットボトル3本分程度。
数字で見るよりもコンパクトに感じますね

GH-CBCMAの特徴

ほぼ全て樹脂製

驚く事に、電子部品以外でガラスや金属類が使われていません。

あってもステンレスのネジくらいやな

透明な部分もガラスではなく樹脂です。

真空機構があるのに全部プラスチックでいけるなんてビックリ!

プラスチックといってもドリッパーに使われる耐衝撃性の高い素材なので、簡単に割れることはありません。

気をつけたい点としては、使用後にすぐ洗浄する事

この手の樹脂製器具は長時間放置するとコーヒー臭が染み付いたり取れない汚れになります。
永く綺麗に扱うためにも、小まめな洗浄を心がけましょう!

真空でコーヒーを抽出する

GH-CBCMAは、真空で水を吸い上げて戻してを繰り返す事でコーヒーを抽出します。

真空にしたら何が違うん?
めちゃくちゃ抽出が早くなります♪
★真空抽出機構の仕組み
減圧することで豆が膨張し、水分を多く含むことで抽出が促進され加圧を行い、豆から抽出成分を取り出します。
【引用】https://www.green-house.co.jp/products/gh-cbcma/
あとは、掃除もかなり楽な点も素晴らしいです!

吸い上げる力を利用するので、細い管を通ったり洗いにくい部品が存在しません。

コーヒー屋の時に使った水出しマシンは、使うたびに1時間掃除するので死にそうでした
しかも中身が見えへんから、洗浄剤使っても洗えてるかどうかわからへん

そんなマシンならではの問題点を解決したのがgreen houseです。

この洗いやすさはポイント高いですね♪

洗浄方法は、後ほど解説を交えて紹介します。

モバイルバッテリーでも稼働する

GH-CBCMAはモバイルバッテリーがあれば、どこでも抽出可能です。

実際にやってみたらできた!!
アウトドアで水出しコーヒーがすぐ作れるのは斬新!

これならどこでも新鮮な水出しアイスコーヒーが飲むことが可能です。

抽出調整ができる

GH-CBCMAは以下の3段階で抽出時間を調整できます。

・マイルド :5分
・ミディアム:10分
・ボールド :15分

成分が出にくい浅煎りは15分など、豆毎に使い分けできるのも嬉しい点です。

GH-CBCMAの抽出レシピ

説明書に推奨レシピが記載されているので、以下の内容で試運転してみました。

▪︎コーヒー粉:45g
▪︎常温水:500ml
▪︎挽き目:JPpro「75」(中挽き)

説明書のレシピでは挽き目は細挽き~中挽きを推奨しています。

今回は試しに10分で抽出した結果、このような結果になりました。

・抽出量:425.9ml
・濃度 :1.51%
・成分量(収率):14.29%

濃度が高く成分量が低いので、品質の高いコーヒー豆なら量を減らして細かく挽くとより美味しくなる可能性があります

ちなみに200ml中の微粉量はこの通り
メッシュが細かい事もあって、プレスよりも遥かに微粉が少ないです。
次回の検証編では味の調整方法も検証・解説するので、お楽しみに!

GH-CBCMAの抽出手順

以下の手順で抽出できるので、詳しく確認してみましょう。

①フィルターを取り出す
②電動ユニットを分離する
③コーヒー粉を入れる
④本体にセットする
⑤電源を起動し、メニューを選択
⑥(抽出完了後)電動ユニットを外す

①フィルターを取り出す

蓋は回してロックする形式なので、ロック解除まで回して中身を取り出します。

目印が引かれているので、はめ込む時も迷いません♪

②電動ユニットを分離する

電動ユニットとフィルターを回して分離します。

説明書では外していますが、ぶっちゃけ外さなくてもいいです(笑)

③コーヒー粉をセットする

フィルターの蓋を開け、コーヒー粉を入れます。

メッシュフィルターは外側と内側の2つありますが、内側は掃除以外では外しません。
外側のフィルターは強く締めすぎると掃除で苦労するので、ほどほどに!

④本体にセットする

蓋を閉め、電動ユニットを取り付けます。

電動ユニットと接続する際、ネジの溝部分が大きいので嵌め込みに苦戦するかもしれません。
ユニットとフィルターを水平にして、ねじ込むように回すと上手くいきます。
本体に水500mlを注いだ後、合体したフィルターをはめ込んでロック。

最初に言ったように目印を合わせて回すだけ♪

⑤電源を起動し、メニューを選択

 

ケーブルを電動ユニットに差し込み、電源を押すとメニューが選択できます。

「strength」というボタンで抽出時間を5〜15分で選択しましょう。
好きな時間を選んだら「brew」を押してスタート!

⑥抽出完了後、電動ユニットを外す

抽出が終わったらロックを外し、電動ユニットとフィルターを一旦外に出します。

中のコーヒーを密閉容器などに移して保管します。

取り出したフィルターの清掃方法は、後述のメンテナンス方法にて解説します!

清掃・メンテナンスのコツ

美味しいコーヒーを作った後、1番の難関が洗い物です。

GH-CBCMAは数あるコーヒーメーカーの中でも洗うのが最も楽で衛生的な部類に入ります。

細かいパーツがなく、ガラスなどの繊細なパーツもありません。

でもコーヒー粉の処理が面倒なんやけど、どうしたらいい?

流し台で詰まったり、水気が多いまま捨てるのは衛生面が心配です。

そんな時はダストマンを使って処分すると楽チン♪
本来は流し台のバスケット用ネットですが、伸縮性が高く容器に被せて逆さにするだけで水気を切りながらゴミを捨てることができます。
created by Rinker
キチントさん
¥333 (2022/11/28 16:21:49時点 Amazon調べ-詳細)
汁物が残った時の処理にも重宝できますよ♪

そんなダストマンを使って、簡単に洗える方法を3通りの手順で紹介します。

今回はわかりやすくするために作業台で洗浄するで!

①外フィルターを清掃する

フィルターと電動ユニットを分解します。

外側のメッシュ部分を取り外します。

フィルターを締めすぎると豆の油分で苦戦するので、程よい締め具合にしておくと楽です。
メッシュにはコーヒー粉がびっしり!

コーヒー粉がついている部分を下向きにしてダストマンの中に入れ、水を流します。

自然とコーヒー粉が剥がれ落ちて綺麗になります。

②内フィルターを清掃する

フィルター内に水を入れます

ダストマンを被せて逆さまにひっくり返します。

これを数回行って下さい!

ある程度粉が取れたら内側のフィルターを外し、容器に残った粉を水で洗い流します。

③本体をすすぐ

本体はコップを洗う要領で洗浄して乾かすだけ。

これで掃除は完了です!

パッキンの取り外しなど面倒な工程が一切なく、コーヒー粉をぶちまけるリスクも最小限に留められます。

豆の油分が気になったらどうしたらいい?
洗剤で洗って問題ありません。本体容器に洗剤を入れてフィルターを全部漬けることができます!
メッシュフィルターは隙間に洗剤が入り込みやすいので、浸け置き後の水洗いはしっかり行って下さい。
ちなみにウチの洗剤はチャーミーのmajica!
泡切れも早く、乾くのも早いのでコーヒー器具との相性がとてもいいです。
created by Rinker
チャーミー マジカ(CHARMY Magica)
¥2,500 (2022/11/28 16:21:49時点 Amazon調べ-詳細)

green house「GH-CBCMA」の評価

メリット

▪︎見た目がスマート
▪︎最短5分で水出しが作れる
▪︎抽出ギミックがカッコいい
▪︎メンテが手軽で衛生的にできる
▪︎微粉が少ない
▪︎非常に軽い
▪︎アウトドアでも使える
▪︎味の調整が簡単

抽出方法にも驚きですが、モバイルバッテリーに対応しているのが凄いと思います。

電源も気にせず、どこでも沢山の人にコーヒーを楽しんでもらえますね!
抽出やメンテナンスの手軽さなど、今までの水出しコーヒーメーカーの問題点を解消している点も画期的です。

デメリット・気になる点

▪︎質感が少し安っぽい
▪︎ニオイがつきやすい
▪︎耐久性が心配

全体が樹脂製なのは安全性や軽量化などのメリットもありますが、質感を重視する方には物足りないかもしれません。

見た目も相まってティファールのカッコいい親戚みたいなイメージ
あとは、落下した時に割れないかだけ心配やな

衝撃に強い樹脂ですが、金属ではないので経年劣化で割れやすくなる可能性もあります。

外に持ち出す事を想定すると、落下のリスクも上がるので破損には気をつけたい所です。

ニオイの問題に関しては、抽出後にすぐ洗う事が1番の対策になります。

水ですすぐだけでも違うので、こまめなお掃除を!

GH-CBCMAをオススメしたい人

▪︎外出先でコーヒーを淹れたい
▪︎水出しコーヒーが大好き
▪︎コーヒーを振る舞いたい
▪︎ハンドドリップが苦手
▪︎コーヒーを作り置きしたい
▪︎豆を新鮮なまま早く消費したい

抽出に何時間もかかる水出しコーヒーを「飲みたい」と思った時に飲める。

そんな願いを最高の形で叶えるgreen houseの「GH-CBCMA」は、既に我が家のエースです。

あなたも最先端のコーヒーメーカーで、この夏を楽しんでみませんか?

↓GH-CBCMAをチェックしてみる↓

created by Rinker
グリーンハウス
¥6,588 (2022/11/28 16:21:50時点 Amazon調べ-詳細)
白もあるので、ご自宅の環境に合わせて選んでください♪
↓GH-CBCMA(白)をチェックしてみる↓
この記事が役に立ったと思ったら、
ブックマーク・シェアをよろしくお願いします!