タイムモア「Black Mirror」とHARIOコーヒースケールを比較レビュー!今買うならどっち?


コーヒーのスケールってどれくらいお金かけますか?

いいものだと数万円なんていう超高級なものまであります。

スケールにそこまでお金かけなくていいかな

そう思ってずっとシンプルで使いやすいHARIOのスケールを使用していました。

しかし困った事に、スケールを破損する事が何度かありました‥。

その都度買い換えていましたが「よく考えたらHARIOのスケールって壊れやすいのに高くない?」と思うようになりました。

でも他のスケールも1万円以上とかで、なかなか手が出せません・・・
そんな時に出会ったのがコレや

TIME MORE「Black Miller」

タイムモアは安価なのに高級品に匹敵するグラインダーでお世話になっています。

↓TIME MOREが凄い!記事はコチラ!↓

関連記事

[adcode] 皆さんは安くて美味しいB級グルメはお好きですか? もしB級グルメのように安くて高性能なコーヒーミルがあれば、買いたくなりません? そんなあなたにオススメしたいミルがあります。 TIME MORE[…]

そんなタイムモアは、スケールでも国産品を超える製品を安価で発売しています。

もうタイムモアのスケールに全部取り替えよっか

それくらいのクオリティを誇る高性能スケール。一体何が魅力なのでしょうか?

HARIOと比較しながら、詳しく確認していくで!

Black Millerとは?

製造メーカー

Black MillerはTIME MOREというメーカーが製造しています。

タイムモアは2012年に設立した中国のコーヒー器具メーカー

中国製と聞くと身構えるかもしれませんが、最近は様々な有名メーカーが製造委託してるのは中国です。

やっぱ日本の商品は品質が良い!

と思っているその商品は、中国で製造・組み立てされた商品かもしれません。

さらに中国はコーヒー需要が加速し、スタバに対抗する店が出現するなどコーヒーに力を入れています。

そんな国から生まれたタイムモアの製品は、上海のスタバで取り扱われるほど高品質であると認められています。

グラインダーの性能が知れ渡り、更に躍進中のタイムモアから目が離せません!

大きさ・寸法

・縦:15.2cm
・横:13cm
・高さ:2.6cm
Black MillerはHARIOのスケールの上にチョコンと乗るくらいコンパクト!

分厚く見えますが、台の高さもHARIOの方が少し高くなっています。

重量

・Black Miller:363g
・HARIO :275.1g(電池込み)

持ち歩く際には、重量も大事です。

大きさではBlack Millerですが、重さはHARIOの方が軽量ですね

充電形式・稼働時間

Black Millerは
Type-C対応の充電式スケールです。

フル充電の最大連続稼働時間は10時間。

ちなみに充電しながら使えるので、実質無制限に使う事ができます。

イベントの時に電池の心配する必要もないんやな!

口コミ・評判

▪︎シンプルで使いやすい
▪︎オートタイマーが便利
▪︎数字が見やすい
▪︎カッコいい

特にオートタイマーへの言及が多く、この価格帯で付いている機能としては驚きの声が多数あります。

精度や反応速度に関しては意見が分かれますが、概ね良いとの評価が多いです。

ここは後程検証してみましょう!

TIME MORE「Black Miller」の特徴

無駄のないスマートな形状

Black Millerは一切の無駄が省かれたシンプルな構造が特徴的。

汚れても拭き取りやすく、常に清潔な状態を保つ事ができます。

キッチンインテリアとしても見栄えがいいですね!

水没リスクが低い

Black Millerは防水ではありませんが、水没する可能性は極めて低いです。

スケールで水没事故は日常茶飯事ですね・・・

水没といってもガッツリ浸水ではなく、基盤に少し水が入るだけで故障します。

HARIOなどは台に水が溢れると、台と基盤の間に水が回りやすく容易に拭き取れません。
これで僕は3台壊しました‥

Black Millerは基盤に覆い被さるような形で台が乗っているため、万が一溢しても中に入り込みにくくなっています。

水没事故多めの人にもオススメやな

測定可能範囲が広い

Black Millerは測定可能範囲が広く、0.5gから2000gまで対応しています。

HARIOは2g以上から測定可能なので、一杯分の茶葉の計測や調味料の計測が非常に苦手。
0に戻してしまった時に「やっちゃった‥」と後悔します

Black  Millerならコーヒーだけでなくスパイスの調合など料理にも役立つので、家庭でも大活躍間違いなしです。

常に0.1g単位で計測可能

コーヒースケールで1番気になるのは、正確な数値が表示されるかどうかではないでしょうか?

Black Millerは0.5g~2000gまで変わらず0.1g単位で計測が可能です。

HARIOの場合は以下の重さ毎に測れる単位が変わります。

▪︎2~200g:0.1g単位
▪︎200g~500g:0.5g単位
▪︎500g~2000g:1g単位

これは0g表示にしても、乗っている物体の重さが200g以上なら適用されます。

勝手に四捨五入されるので、特に豆量を計測したい時に困ります。

Black Mirrorは最後まで細かく表示してくれるのは嬉しいですね!

デジタル表示が見やすい

文字盤が大きく、鮮明な白色なので確認がとても楽。

通常はHARIOスケールのように、長方形の小窓の中に黒文字で表示されますよね
少し角度を急にしてみると、明らかに見易さに差が出ます
光を反射するから撮影とかで見えなくなるんよな。

その点Black Millerは光の反射を気にしなくていいので、撮影にも便利です。

電子音のON.OFFができる

Black Millerはタッチ音が標準装備。

一度に複数の事を行うハンドドリップでは、非常にありがたい機能です。

特にタイマーとか、押したつもりが反応してなかったらイラッとせえへん?
音で確認できたら、心配事が減りますね!

便利なシリコンカバー付き

標準でシリコンカバーまで付いてきます。

全体的にツルツルしているので、シリコンカバーがあるだけで大助かり。

滑り止めの役割以外にも、コーヒーが溢れた際の本体の保護にも有用です♪

オートタイマーモードが便利

Black Miller最大の特徴がオートタイマー。

仕組みを要約するとこんな機能
▪︎重量が0gから増えるとタイマースタート
▪︎重量が減ると時間と重さが記録される

公式の説明だと、ドリッパーを乗せる事が前提になっています。

抽出が終わったらドリッパーを外して注湯量を記録するって事か!

このオートタイマーが5,000円台という価格帯で組み込まれています。

10,000円台のスケールに匹敵する機能が、手の届く範囲にあるんですね♪

Black Mirror測定検証

同じものを乗せた際の測定結果に誤差が出るのかを検証しました。

動画をご覧いただくと概要がわかりやすいので、ご確認ください♪

通常

何度も同じものを乗せた場合に、誤差が出ないかをチェックします。

デジタルスケールの不満点の一つに「同じ物を乗せても測定結果がズレる」という事例があります。

HARIOのスケールではそう感じませんが、Black Millerはどうでしょう?
何度乗せても同じ数値を記録したので、Black Millerの基本性能に問題は無さそうです。

端に物を乗せた場合

Black Millerの口コミを見ていると「端に乗せると誤差が出る」との情報があったので確認します。

極端な乗せ方をすれば0.1g誤差が出ました。
誤差としては十分許せる範囲かなと思うので僕は気になりません

重量表示の時間差検証

それぞれのスケールで重量の表示にどれほどの時間差が出るかを検証します。

詳細は先ほどの動画に収録していますので、ご確認ください♪
検証の概要は以下の通りや

スケールを重ねて0表示にします。

上にサーバーを置いて水を注ぎ、重量が安定するまでの速度を確認します。

 

結果を確認してみましょう!

 

Black Mirrorが上の場合

表示される重さの単位が違うため、水の落下重量から正しい重さに戻る際にBlack Mirrorは少し遅れているように見えます。

一旦342.1gまで表示されますが、HARIOが342gになるのと同じタイミングで341.5gまで戻りました。

注水中の表示速度はBlack Mirrorの方が早いので、速度はほぼ同等だと思います

HARIOが上の場合

台が安定せず重量に誤差が発生していますが、表示速度に注目してください。

表示速度はBlack Mirrorの方が早く、反応の精度が高いことがよくわかります。

オートタイマーモードの使い方

実際にオートタイマーモードを使用してコーヒーを抽出してみましょう。

▪︎豆量  :20g
▪︎抽湯量 :300ml
▪︎抽出時間:2分30秒

「30ml→90ml→60ml×3回」で抽湯し、2分30秒でドリッパーを外します。

こちらも動画を確認するとわかりやすいです

オートタイマーの手順

①器具を乗せて0表示
②オートタイマーをON
③コーヒー粉を投入
④オートタイマーを起動
⑤抽出~ドリッパーを外す
それぞれの手順もチェックしていきましょう。

①器具を乗せて0表示にする

オートタイマーを設定した後でもいいですが、器具を乗せたら0表示にしておきます。

この後に豆の量を測定します!

②オートタイマーをONにする

タイマーボタンを8回連続でタッチして、オートタイマーを起動します。

急いで連打すると逆に反応しないので、この曲くらいのテンポで押してみてください。

起動すると「A」のマークが出てきます

この時点では重量が増えてもオートタイマーは作動しません。

抽出はもうちょっと待ってね

③コーヒー粉を投入する

オートタイマーをONにしたら、先にコーヒー粉の重量を確認します。

この時点ではタイマーは作動しないのでご安心を♪

④オートタイマーを起動

オートタイマーを起動するには、もう一度タイマーボタンを押します。

するとカウントダウンが始まり、このような表示になります。
0になったら抽出を始めてOK!

⑤抽出~ドリッパーを外す

重量を検知するとタイマーがスタートします。

これなら注湯してから押すか、注湯する前に押すなどの誤差がありません。
押し忘れ防止にもなるので超便利!

ドリッパーを任意のタイミングで外すことで、時間と注湯量が記録されます。

使い方としては、濃度にブレが出ないよう決めた時間に落とし切れるよう挽き目調整できるとベスト!

Black Miller評価まとめ

メリット

▪︎コンパクト
▪︎測定範囲が広く精度も高い
▪︎オートタイマーが便利
▪︎水没のリスクが低い

これだけのメリットを持ちながら、HARIOと値段帯が同水準。

ウソでしょ!?と思うくらい高性能なので、恐らく日本で人気爆発したら値上がりしそう。

タイムモアジャパンのサイト改善然り、今タイムモアは日本のプロモーションにも力を入れている様子が伺えます。

C2グラインダーも10,000円台でおかしくない性能なので、いつかその日が来るんじゃないかとソワソワしています

デメリット

▪︎説明書が日本語に非対応
▪︎反応が敏感過ぎる

説明書は何を書いているか意味不明ですが、この記事をご覧のあなたなら恐らく使いこなせます。

個人的に気になるのは、反応が機敏で水が落下した力も重さとして計測してしまう点です

そのため注湯中は本来の湯量よりも重く表示されます。

注湯をストップするとちょっと足りない・・・という事態が起きることもあるので慣れが必要です。

Black Millerをオススメしたい人

▪︎安くて高性能なスケールが欲しい
▪︎省スペースに拘りたい
▪︎水没が心配
▪︎オートタイマーを使いたい
▪︎コーヒー以外の用途にも使いたい

今まで安くて信頼できるドリップスケールといえばHARIOでしたが、その常識も崩れつつあるかもしれません。

先程も言った通りタイムモアは日本向けの販売を伸ばしています。

製品プロモーション企画やタイムセール対象になるなど、積極的なPR活動を続けてますね

特にグラインダーのC2の売上は好調で、性能面で国産のハンドミルは太刀打ちできないレベルに達しています。

ラインナップも凄まじいスピードで展開しており頻繁に改善するので、ブランド価値は今後も上がると思われます。

安く売り出している今がチャンスかも?

↓Black Millerをチェックする↓

created by Rinker
タイムモア
¥6,200 (2022/11/28 00:36:00時点 Amazon調べ-詳細)
この記事が役に立ったと思ったら、
ブックマーク・シェアをよろしくお願いします!