親になって気付いた。育児で大切な3つの考え方

こまめ
こんにちは!
パパになった
こまめです!

6月18日午前4時

この投稿をInstagramで見る

こまめパパ(@komame_papa)がシェアした投稿

ついにベビーとご対面です!

コロナの期間中の出産という事で、
病院にもついていけず
出産にも立ち会えない。

そんな中で15時間の陣痛を耐え、
元気な男の子を産んだ奥さんには
感謝するばかりです。

こまめ
その時感じた気持ち、
とっても大事だなと思ったので
皆さんにも共有したいと思います。
・生まれてくれてありがとう!
・よくやったね!
・幸せにするからね!

この3つの感情、
僕の父も同じように抱いたと思います。

こまめ
あなたの両親も思っていたかもしれません。

子供が生まれた瞬間から、
「親は子供の幸せを願ってたんだな」
ということに気付きました。

こまめ
つまり、
生まれたその瞬間から
子供から学んでるという事ですね!

今日は大事な3つの気付きを、
記事にして書き留めておきます。

子供への感謝

子供に対して感謝すること、
これを常に持って
過ごしたいと思います。

あなたも含めて、
みんな生まれてきた瞬間から
誰かに何かを与えているからです。

こんな言葉を
聞いたことがありませんか?

生まれてくれてありがとう!
こまめ
これは何に関して感謝しているんだろう?
何か大事な事が抜けてる気がする。

僕は「生まれた=ありがとう!」
に繋がりを感じなくて
そんな事を思っていました。

その大事な部分が何か、
子供が生まれて初めて気付きました。

こまめ
僕のお父さんも、
僕が生まれた時に
こんな気持ちだったんだろうなぁ

自分の親が自分をどう祝福したか、
子供が生まれたから
その気持ちを知ったんです。

だから、

生まれてくれたから気付けた!
大切な事を気付かせてくれてありがとう!

という意味が、
僕にはしっくりときました。

教えるだけでなく
「子からも学んでいる」
という気持ちを忘れずに
子供と関わりたいと思います。

よくやったね!

奥さんも子供も、
15時間すごく頑張ったので
「よくやったね!」と声をかけました。

この「よくやったね!」が
大切だと教えてもらったのを
覚えていたからです。

こまめ
「よくやったね」は、
年齢と共にある言葉にすり替わるんです。

「よくやったね」が使える家庭と使えない家庭で、
子供が成功する考え方になるか、
失敗する考え方になるか決まるそう。

こまめ
あなたなら、
どっちがいいですか?

子供を幸せにしたい気持ち

生まれた我が子を見て、
「幸せに生きて欲しい」と
心からそう思いました。

「面倒見て欲しい」
「養ってもらいたい」から
育てるのではないですよね。

じゃあ親にとって
一番の親孝行ってなに?
こまめ
それは別の機会で話しますね!

子供に幸せに生きてもらうためには、
子供に「幸せとは何か」を
知ってもらう必要があります。

こまめ
幸せって何だと思いますか?
・何事もなく平和なこと?
・結婚する事?
・好きな仕事をする事?
・お金がある事?

上記が充足していたり、
叶えば幸せかもしれません。

こまめ
じゃあ叶わなかったり、
足りていないと・・・?
幸せじゃないって事になるね!

周りの環境や状態によって
コロコロ変わってしまうものは、
果たして幸せでしょうか。

こまめ
幸せとは、
「○○を○○○える力」のことをいいます。

力とは考え方や
捉え方の事です。

これを知っておくと、
どんな状況になっても
その子は幸せです。

それが出来ている人は、
「○○○○が強い人」とも言われます。

子供に教えるためには、
親も出来ていないと伝わらないぞ!

というわけで、
子供に「幸せとは何か」を
伝えて行動で示していこうと思います。

おわりに

子供が生まれて
3つの事に気付けたのは、
大切な考え方を教えて貰ったからです。

こまめ
会社や学校では、
人生や家庭を豊かにする方法は
教えてくれません。

会社や学校で教えない大切な事を
親が子供に伝える事ができれば、
子供は親が居なくても
幸せな人生を送れるはずです。

「〇〇を〇〇〇える」の中身については
Twitter、InstagramのDMや
公式LINEで確認しに来てな!

友だち追加

こまめ
ご登録よろしくお願いします!
Twitterで毎日役立ち情報をチェック♪

子育ての最新記事4件