【V60との違いは?】フラワードリッパーのレビュー&検証で驚きの結果が・・・!

  • URLをコピーしました!

皆さんはどんなドリッパーを
使っていますか?

僕はコーヒー屋で働いてた時から
ずっとHARIOユーザーでしたが
ついに選手交代の日が来ました。

三洋産業
フラワードリッパー
 
こまめ
荒々しく渦巻いた
活気のある「V60」と
比べるとなんと
可憐なお姿だろう!
 

清楚で気品に満ち溢れ、
おしとやかな佇まいの
こちらの方が今後の
未来を担う主力。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コーヒーブログ小豆家(@komame_coffee_blog)がシェアした投稿

お年は2020年現在、
3歳を迎えたピチピチの
ニューフェイスです。

 
こまめ
外見は「V60」と同じ
円錐型のドリッパーですが
性能はどうでしょうか?

今日はそんな推しの器具、
フラワードリッパーの
魅力をお伝えします。

目次

フラワードリッパーとは?

三洋産業とは

三洋産業は、
1973年創業の
コーヒー関連器具の
製造メーカーです。

 
こまめ
なんと、世界で初めて
円錐型ペーパーフィルターを
作ったのが三洋産業!

つまり、
円錐型フィルターで
三洋産業は最も先進的な
ノウハウを持っています。

 
こまめ
ちなみに世界で初めて
ペーパーフィルターを
開発したのはメリタ!

↓メリタについてはこちら↓

あわせて読みたい
【メリタとの違いは?】Kalitaドリッパーを検証・徹底レビュー! こまめ こんにちは! ドリッパーマニア こまめです! 先日はメリタの 台形ドリッパーについて 詳しく紹介しました。 ↓メリタドリッパー紹介記事↓ こまめ 世界で初めて ...

CAFECとは

CAFECは、
山陽産業の立ち上げた
オリジナルブランドの
名称を指します。

Coffeeに始まり、Coffeeに終わる
常にコーヒーのことだけを考え続けているブランド、CAFEC
Always Fill you with happiness to let you Enjoy professional brewing at home with CAFEC coffee tools!
【引用】https://cafec-jp.com/jp/about/

なんとおしゃれな
語源でしょうか。

 
こまめ
CAFECの器具は、
プロの抽出を家庭で
楽しめるというのが
コンセプト!

そんなCAFECを
立ち上げた理由も
三洋産業の情熱を感じます。

CAFECを立ち上げた理由
いまやコーヒーは、ホテルやコンビニ、飛行機の中など、どこにいても楽しめる時代になりました。が、しかしそれは本当に美味しいコーヒーでしょうか?
高級レストランでコース料理を食べ、最後の最後にインスタントコーヒーを提供されたらと想像してみてください。どう感じますか?がっかりしませんか?
でも残念ながら、これが現実なのです。一流レストランのシェフを含め、多くの人々が、コーヒーそのものは知っていても、本当に美味しいコーヒーは知らないのです。
「その先にあるコーヒースマイルを-本当に美味しいコーヒーを、家庭で簡単に楽しんでもらいたい。」CAFECはこの想いから誕生したブランドなのです。
【引用】https://cafec-jp.com/jp/about/brand_spirit.html
 
こまめ
中塚社長の
コーヒーへの熱い想い、
素敵ですね!
 
ワイルド木下
そんな三洋産業が
作ったドリッパーだから、
きっとスゴイに違いない!

フラワードリッパーの発売日

フラワードリッパーは
2017年に誕生しました。

 
こまめ
円錐ドリッパーといえば
コーノやHARIOですが、
その印象を大きく塗り替える
可能性を秘めていますね♪

フラワードリッパーの特徴

角度の浅い円錐型

フラワードリッパーは
HARIO「V60」と同様に
円錐型のドリッパーです。

 
こまめ
同じかと思いきや、
実は「V60」との
大きな違いがあります。

下記の写真をご覧ください。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コーヒーブログ小豆家(@komame_coffee_blog)がシェアした投稿

台座から上の部分の
高さが違います。

 
こまめ
ですが重ねた時の
直径はほぼ同じ!
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コーヒーブログ小豆家(@komame_coffee_blog)がシェアした投稿

何を意味するかというと、
角度が違います。

HARIO「V60」は
その名の通り角度60°で
作られています。

 
こまめ
高さが低いのに
直径が同じということは、
フラワードリッパーの
角度は浅いといえます。

花びら型のリブ

フラワードリッパーの
大きな特徴は
花びら型のリブ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コーヒーブログ小豆家(@komame_coffee_blog)がシェアした投稿

 
こまめ
形状の理由については
公式に掲載されています。
リブの形状の理由
フラワードリッパーは、中心から外側へ湯の対流を起こすことによって、深い濾過層を維持します。コーヒーに雑味が入らないようにするには、よりスムーズに湯を流す必要があります。CAFECは、長年の研究を経て、ついにこれらの条件を満たす理想的なフラワー形状に辿り着きました。湯をスムーズに流し、ドリッパーの中に湯を溜めないことにより、ドリッパーの上から注ぐ湯量と、下から出てくる湯量を同じにし、雑味の無い至極のコーヒーの抽出に成功したのです。
【引用】https://cafec-jp.com/jp/products/dripper/

コーヒーの雑味を
なるべく減らすために、
早くお湯が抜けるように
なっているということです。

 
こまめ
今回は抽出速度に
注目したいですね♪

持ちやすい取手

フラワードリッパーは
取っ手が持ちやすく、
安定感の高さも
魅力の一つです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コーヒーブログ小豆家(@komame_coffee_blog)がシェアした投稿

 
こまめ
淹れる人の事を考えた、
親切な設計だと思います♪

有田焼モデルが主力

僕の持っている
フラワードリッパーは
樹脂製ですが、
本来は有田焼が主力。

有田焼とは?
有田焼(ありたやき)は、佐賀県有田町を中心に焼かれる磁器である。その積み出しが伊万里港からなされていたことにより、「伊万里(いまり)」や伊万里焼とも呼ばれる。泉山陶石、天草陶石などを原料としているが、磁器の種類によって使い分けている。
江戸時代後期に各地で磁器生産が始まるまで、有田は日本国内で唯一、長期にわたって磁器の生産を続けていた。1977年(昭和52年)10月14日に経済産業大臣指定伝統工芸品に指定。【引用】https://ja.wikipedia.org/wiki/有田焼

陶器と磁器の違いが
わからないので、
磁器についても
調べてみました。

磁器とは?
磁器(じき、英: Porcelain、ポーセリン)とは、高温で焼成されて吸水性がなく、叩いた時に金属音を発する陶磁器を一般に指す。しかし西洋などでは陶器と区別されないことが多く、両者の間には必ずしも厳密な境界が存在するわけではない。素地が白くて透光性があり、機械的強度が高いという特徴がある。また、焼成温度の高い硬質磁器と、比較的低温で焼成される軟質磁器に分けられる。
【引用】https://ja.wikipedia.org/wiki/磁器

今回紹介している
フラワードリッパーは、
1300度の高温で熱せられた
磁器という区別になります。

 
こまめ
陶器よりも硬質で
薄く仕上がるため、
ドリッパーとして
理に適った技法です♪

ちなみに、
HARIO「V60」も有田焼。

↓HARIO「V60」について

あわせて読みたい
HARIO「V60」ドリッパーとは?【抽出速度検証&徹底レビュー】 こんにちは!ドリッパーマニアこまめです♪ 僕の家では20種類程度の ドリッパーが眠っています。 今日はその中で「V60」について紹介します。 どうして今さらV60? 有名...

特徴的なカラーリング

フラワードリッパーは
他のドリッパーにない
淡いカラーリングが
大きな特徴。

似たようなパステル色で
origamiがありますが、
それよりも色が優しく
落ち着きがあります。

 
こまめ
気品を感じられる淡い色は、
いつものコーヒータイムに
素敵な彩りと癒しを
与えてくれるはずです♪

フラワードリッパーのレビュー

抽出速度検証

抽出レシピ

■豆量:30g
■抽出量:300ml
■注湯量:380ml(蒸らし湯量含む)
■蒸らし湯量:30ml
■蒸らし時間:20秒
■注湯時間:60秒(蒸らし時間含む)
■湯温:90℃

例によって、
実験用のレシピです。

 
こまめ
過去のドリッパー検証も
同じ数値で行なっているので、
是非確認してください♪

抽出結果

1分16秒!HARIOとほぼ同じで、
ドリッパーの中で最高速度といえます。
 
こまめ
淹れた時の印象は、
とにかく抜ける速度が速く
透過式ドリッパーの鑑と
言える素晴らしい淹れ心地!

同じ円錐でも何かが違う、
そんな感覚を抱くほど
フラワードリッパーに
面白さを感じました。

抽出の幅広さ

浅煎り、深煎り
なんでもOKです。

湯を溜め込みたい場合は、
細挽きにするとできます。

 
こまめ
その際は温度も下げて、
雑味が出ないように
調整してください♪

抽出の難易度

HARIO「V60」同様、
多彩な抽出ができるため、
味のブレ幅も多少あります。

ただ、
豆の品質が良ければ
極端なブレや差はありません。

 
こまめ
保存方法や期間、
焙煎方法・温度など
抽出条件の方が
味に大きく影響しますね。

ドリッパーの中でも、
非常にバランス良く
抽出ができる器具です。

取り回しの良さ

持ち手の形状
洗いやすさなど、
ドリッパーの中でも
快適に使える部類といえます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コーヒーブログ小豆家(@komame_coffee_blog)がシェアした投稿

持ち運び

取手が大型なので、
「V60」よりも
少し嵩張る程度です。

 
こまめ
それ以外は
ほとんど形が近いので、
旅のお供にも最適♪

手入れのしやすさ

フラワードリッパーは
手入れが楽です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コーヒーブログ小豆家(@komame_coffee_blog)がシェアした投稿

 
こまめ
凹凸が少ないので、洗いやすく拭きやすい♪

イベントで使用する際も、
水残りが気にならず
衛生面でも優れます。

フラワードリッパーの評価まとめ

フラワードリッパーは
非の打ち所のない
完成されたドリッパーです。

持ち手や構造など、あらゆる箇所に気遣いを感じます。
 
こまめ
何年もHARIOを使い続けていた僕が、選手交代をするほど魅力的な要素ばかりです!

使ってみれば、
その魅力をさらに
感じていただけると思います。

 
こまめ
今度は有田焼も買おうかな!

全色コンプリートすれば
コーヒーを淹れるだけで
インスタ映えしますね。

ドリッパー紹介は
まだまだ山のようにあるので、
次回もお楽しみに。

 
 
ブックマーク・シェア頂けると元気出ます!是非ポチッと宜しくお願いします!

関連記事一覧

【2021年】HARIO新ドリッパーの性能とは!?

あわせて読みたい
【検証&レビュー】HARIO「MUGEN」ドリッパーのメリット・デメリットまとめ こんにちは! オーダーメイドする バリスタこまめです 皆さんは普段、 どれだけ時間・手間をかけて コーヒーを抽出しますか? 4分?5分? 1投?3投? コーヒーに拘る方...
2021年にHARIOが創り出した新作ドリッパー「MUGEN」。同社製品「V 60」との比較やコンセプト〜性能検証まで網羅。楽に抽出したい人から抽出研究したい人にもオススメ!その理由とは・・・

お知らせ・PR

匿名で質問してみる

記事に関する質問や、検証の要望を気軽にできる質問箱を設置しました。コーヒーの質問であれば、毎週日曜日20時のインスタLiveでプロのバリスタと一緒に解決致します。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事が良かったと思ったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次