Melittaドリッパーを徹底レビュー!抽出速度を検証したら驚愕の事実!?

あなたはドリッパーを買う時、どんな基準で購入しますか?

■手軽さ
■速さ
■見た目

僕は「家で淹れるなら手軽なのがいいなー」と思って探します。

そんな時に僕が手に取るのはメリタのドリッパー。

ドリッパーの中で一番気軽に使えます♪

その理由はメリタ創業の秘密と深く結びついています。

今回はメリタドリッパーの
歴史とその性能について
詳しく説明します♪

メリタドリッパーとは

メリタとは

メリタ(Melitta)は、ドイツに本社を置くコーヒー機器の総合メーカー。 ペーパードリップシステムを発明したメリタ・ベンツにより、1908年に創業した。 事業はペーパーフィルターの生産から始まり、コーヒーをはじめとする食品関連用品に展開している。
【引用】https://ja.m.wikipedia.org/wiki/メリタ

メリタさんがいなければ、ペーパーフィルターは無かったかもしれません。

当時の抽出方法はネル(布)か金属製のフィルターが中心で、下記の問題がありました。

■ネル→保管が面倒。衛生面が不安。
■金属→微分が出る。洗浄が面倒。
両者共に抽出時は
付きっきりな点もネック!
家庭でも楽にコーヒーを淹れたい!

そんな想いで、メリタ夫人はペーパーフィルターを作り上げました。

メリタのドリッパーの誕生

メリタが創業してから約50年後に一つ穴のフィルターが誕生しました。

え、最初から一つ穴じゃないん?

創業当初から50年間、メリタのドリッパーは穴が複数空いたものでした。

それを1960年に息子のホルスト・ベンツさんが改良して1つ穴に!

そのドリッパーが、今現在使われている形となっています。

メリタドリッパーの特徴

この投稿をInstagramで見る

コーヒーブログ小豆家(@komame_coffee_blog)がシェアした投稿

元祖一つ穴ドリッパー

メリタを象徴するポイントは一つ穴。

底に溜まったコーヒー液が一点から抽出されるので、コーヒーの味を余す事なく抽出してくれます♪

台形(扇形)のドリッパー

この形もメリタが発祥!

飽くなき探求を続けたメリタが、1937年に特許を取得したドリッパーの理想形が現在の形。

今でも普及していて類似品も沢山ある事から、後世にどれほど影響を与えたかわかりますね!

落としきるのを待つ

メリタドリッパーは、珈琲を落としきる事がコンセプトになっています。

家でもっと手軽に楽に淹れられる工夫が施されているんですね♪

メリタドリッパーのレビュー

抽出速度

抽出速度の検証を、
実験用のレシピで行います。

■豆量:30g
■抽出量:300ml
■注湯量:380ml(蒸らし湯量含む)
■蒸らし湯量:30ml
■蒸らし時間:20秒
■注湯時間:60秒(蒸らし時間含む)
■湯温:90℃

抽出検証結果

「メリタドリッパーは一つ穴で抽出速度が遅い」と思っていませんか?

HARIO「V60」よりは20秒ほど遅いがそこそこ早いぞ!

HARIO「V60」の結果はコチラ↓

関連記事

こんにちは!ドリッパーマニアこまめです♪ 僕の家では20種類程度の ドリッパーが眠っています。 今日はその中で「V60」について紹介します。 どうして今さらV60? 有名[…]

2分・3分かかるかと思ってたから意外!

抽出の幅広さ

抽出速度の結果からも、メリタドリッパーはある程度自由な抽出が可能となっています。

「V60」ほどの極端な抽出はできないものの、浅煎りをクリアーな風味で抽出する事も可能!

「台形一つ穴は遅い」というのは単に思い込みなのかもしれませんね。

抽出の難易度

メリタドリッパーは「V60」に比べて抽出が慌ただしくないので、落ち着いてコーヒーを入れやすいです。
「落としきる」事が前提のドリッパーなので、抽出管理も簡単!

また「味が一定」と聞きますが、この抽出スピードなら十分に変化をつけられます。

だから超初心者から上級者まで使える万能器具なんやな!

抽出速度が少し遅い分、極めると「V60」に軍配が上がります。

ただ、メリタの器具が負けず劣らず素晴らしいドリッパーである事は間違いありません!

取り回しの良さ

①持ち運び

メリタのドリッパーの悲しい点を挙げるならば構造の複雑さです。

樹脂製は出っ張りが多く、
荷物の中に入れると
非常に嵩張ります。

無茶をすると破損の危険もあるので、一緒にお出かけするのは控えた方がいいでしょう。

②手入れのしやすさ

各箇所凹凸が多く、洗った後は拭き辛いです。

細かい箇所に水滴が溜まるので、できればコップ立てで乾燥させて下さい。

③持ちやすさ

全体的にガッシリした作りになっているので、持ちやすく樹脂製は非常に軽いです。

多少雑に扱っても破損しにくいので、
家で使うなら大変オススメ♪

メリタドリッパーの評価まとめ

メリタドリッパーは実は抽出速度も早めで誰でも使いやすい万能器具。

長年の研究の末に生み出された傑作は今でもまだ現役です♪

ドリッパーに迷ったら、まずメリタを選べば間違いありません。

メリタドリッパー2〜4杯用

メリタドリッパー 4〜8杯用

スタイリッシュで最強の性能を求めるなら「V60」で決まり!

↓HARIO「V60」で探す↓

関連記事

こんにちは!ドリッパーマニアこまめです♪ 僕の家では20種類程度の ドリッパーが眠っています。 今日はその中で「V60」について紹介します。 どうして今さらV60? 有名[…]

次回は御三家の一つ、カリタのドリッパーを紹介する予定です。

既に実験済みですが、
カリタドリッパーにも
意外な事実が…!!

次回乞うご期待!