HARIO「V60」ドリッパーとは?【抽出速度検証&徹底レビュー】

こまめ
こんにちは!
ドリッパーマニア
こまめです♪

僕の家では20種類程度の
ドリッパーが眠っています。

今日はその中で「V60」について紹介します。
どうして今さらV60?
こまめ
有名になったからこそ
「V60」の良さを再確認し、
他のドリッパーとの
比較基準にしたいんです♪

今日はそんなHARIO
「V60」の性能と
メリットについて
詳しく解説します。

HARIO「V60」とは?

「V60」は日本の耐熱ガラスメーカー「HARIO」が作り出したドリッパーです。
なんでガラスメーカーの
ドリッパーが人気に?
こまめ
サードウェーブという
ブームがあって、
その火付け役となった
お店が使っていたからです!

また、HARIOの
理論に基づいた
デザインも「V60」の
根強い人気を呼んでいます。

こまめ
ドリッパーの角度は60°
スパイラルリブで
フィルターとドリッパーの
密着度を下げる等々・・・

斬新な発想で、デザイン性と機能性を両立させる事に成功しました。

それができたのは、
HARIOの起源が
大きく関わっています。

HARIOの始まり
創業したばかりの頃は大学の研究施設向けに実験用具を作ることからこのハリオ社は始まっており、緻密に計算された科学的な根拠に基づいて商品を製造しています。
【引用】http://hackcoffeebeans.com/hariov60/
こまめ
創業時のHARIOの技術が、
現在の「V60」に
生かされています♪

HARIO「V60」の特徴

抽出速度が非常に速い

■大きな一つ穴
■スパイラルリブ

上記の構造から
空気の抜けが良く、
ドリッパーの中で
トップクラスの抽出速度

こまめ
origamiも同程度ですが、
抽出難度も高いのが考え所

↓詳しくはこちら↓

関連記事

origamiという ドリッパーを知っていますか? こまめ コーヒーの抽出が 好きな方であれば、 一度は見た事があるかも! ギザギザのリブ、 カラフルな見た目 その風貌は 今までのドリッパーと 違って異彩を放っています。 […]

一方V60は、
安定感と速さを両立した
ドリッパーと言えます。

豆の味を引き出せる構造

スパイラルリブにより、抽出速度が早くても湯が豆と接しやすく豆の味をしっかり抽出します。
こまめ
真っ直ぐ落ちるより
リブを経由する時間が
長いのがミソです♪

バリエーションが豊富

V60は色だけでなく
材質のバリエーションも
幅広いのが特徴です。

こまめ
一時期HARIOに
ハマり過ぎて
意味不明なくらい
買い集めてしまった。

そんな魅力に満ちた
HARIOのラインナップ
こんなにあります。

王道のガラス

お手軽なプラスチック

重厚なセラミック

洗練されたステンレス 

使うほど馴染む銅

特殊なV60

V60には特殊な
用途を持つドリッパーが
存在します。

スイッチ

浸漬式に特化しているガラスドリッパー。詳しくは下記の記事で紹介。
関連記事

  こまめ みなさんこんにちは!ドリッパーマニアのこまめです♪ 1~2月は寒さも厳しくて乾燥も激しいので喉も乾きます。 そんな寒い朝、僕はいつもホットコーヒーを保温瓶に抽出して会社に持っていきます。   こまめ 仕事中も通勤[…]

V60糟谷モデル

こちらは本来のV60とは全く異なる性能を持ちます。抽出スピードが鬼のように遅いので、明確なコンセプトを描いて抽出したい人に向いています。
関連記事

★HARIO V60「粕谷モデル」の性能がわかる ★「粕谷モデル」の抽出方法がわかる ★グァテマラについて学べる みなさんこんにちは! ドリッパー比較検証シリーズ第2弾 《V60 粕谷モデル》の検証です。 ↓第1弾はこちら↓ [siteca[…]

V60抽出検証

HARIO「V60」を使うメリット

抽出方法が多彩

V60は抽出速度が速くあらゆる抽出方法に対応できます。動画では以下の抽出レシピで1分17秒を記録しています。
■豆量:30g
■抽出量:300ml
■注湯量:380ml(蒸らし湯量含む)
■蒸らし湯量:30ml
■蒸らし時間:20秒
■注湯時間:60秒(蒸らし時間含む)
■湯温:90℃
こまめ
速く抽出すれば
あっさりと、
遅く抽出すれば
濃厚な味わいに♪

豆の状態に合わせて
途中でレシピを変更したり、
レパートリーが多い程
幅の広がるアイテムです。

どんな豆でも対応できる

抽出が早いので、
浅煎りも深煎りも
満遍なく抽出できます。

こまめ
浅煎りは高温で素早く、
深煎りは低温でじっくり♪

というように、
自身のスタイル毎に
選べる豆の選択肢も
無限に広がります。

メンテナンスが簡単

コーヒーマシンのように
管を洗浄したり
面倒なメンテがいりません。

こまめ
使い終わったら
フィルターを捨てて
サッと洗うだけ♪

値段がお手頃

V60は樹脂製なら「300~400円」で手に入ります。
こまめ
ドリッパーと
サーバーセットでも
なんと1000円前後!

こまめ
あとはお店で
コーヒーを粉に
挽いて貰えれば
ウチカフェできます♪

HARIO「V60」のデメリット

味がブレやすい

「V60」は多彩な抽出ができるため、味のブレ幅も大きくなっています。
こまめ
逆にメリタなどの
抽出速度が遅いものは、
融通が効かない代わりに
安定した風味に♪

こまめ
注湯量や時間を決めると
ブレ幅も小さくなるので、
個人的にスケールの
購入をオススメします!

種類が多すぎる

V60は種類が多いので、
何を買えばいいか
迷うかもしれません。

こまめ
僕は下記の事を
選ぶ基準としています!
■接合部が少ない
■衛生的に使える
■取り回しが楽(軽い等)
■安い
こまめ
上記の中で取り回し、
金額を優先するなら
樹脂製がベスト♪
衛生面なら継ぎ目がなく
キズもつきにくい
陶器製がオススメや!

V60の評価まとめ

★初心者~上級者まで使える!
★レシピが無限大!
★バリエーション豊富で見た目も楽しめる♪
★お手頃で取り回しも良好!

「V60」は取り立てて
欠点がないというのも
魅力の一つです。

台形ドリッパーより調整幅が広い分難しく感じますが、完成度の高くバランスの良いドリッパーなので抽出者の腕を選びません。

初心者でも練習すれば、
美味しい珈琲ができる

こまめ
それがV60!

レシピも豊富なので、
今後は抽出方法についても
記事を更新します。

こまめ
今後もご愛読
よろしくお願いします♪
Twitterで毎日役立ち情報をチェック♪