V60抽出検証

HARIO《V60粕谷モデル》特徴と抽出時間を比較検証・徹底レビュー

★HARIO V60「粕谷モデル」の性能がわかる
★「粕谷モデル」の抽出方法がわかる
★グァテマラについて学べる

みなさんこんにちは!
ドリッパー比較検証シリーズ第2弾
《V60 粕谷モデル》の検証です。

↓第1弾はこちら↓

関連記事

  こまめ どうも!コーヒー大好きこまめです♪ コーヒーが好きすぎて、コールドブリューを2台買いました。     こまめ 冷蔵庫パンパンや・・・。 そんな小豆はハンドドリップが大好き。愛用器具はHARIO「[…]

今回使用するのは
コーヒー器具で必ず名前が出るHARIOの製品。

HARIOとは?
HARIOは大正時代・1921年に創業し、日本で初めて耐熱ガラスの開発に成功した老舗メーカーです。
身近な製品ではコーヒーや紅茶、日本茶をさまざまなスタイルで楽しむ器具のほか、キッチン&テーブルウェア。専門分野では創業時からの理化学用品や、自動車のヘッドライトのレンズ。また、ハンドメイドのガラスのアクセサリーや、高度なガラス工芸技術を駆使したガラスの楽器製作でも話題を集めています。
HARIOの社名の由来は、「玻璃(はり)王」。玻璃は古代から珍重された水晶や古代ガラスのこと。その名にふさわしく、クオリティの高さから商品バリエーションの広がりまで、まさに“ガラスの王”といえる存在です。
HARIOの歴史にコーヒーが登場したのは、1948年のこと。その出発点はコーヒーサイフォンでした。
HARIOの耐熱ガラスが映えるサイフォンは、高度成長期の始まりとともに個人経営の喫茶店や珈琲専門店が次々に誕生した当時、たいへんな人気を博しました。
やがて家庭で淹れるコーヒーが身近なものとなり、今HARIOには、ドリップ式、プレス式、水出し式などさまざまな抽出スタイルでお気に入りのコーヒーが味わえる、こだわり派やプロのための耐熱ガラス器具と周辺機器が充実しています。(引用:https://shop.hikaritv.net/kurashito/article/hario.html)

HARIOが開発した器具で
よく名前を聞く製品が
今回比較する《V60》です。

この投稿をInstagramで見る

珈琲トレーナー小豆(@komame_coffee_account)がシェアした投稿

V60とは?
世界中で愛されているHARIOのv60ドリッパー。円錐型で、内部に溝(スパイラルリブ)があるのが特徴です。一般的な扇形のものと異なり、お湯が中心に向かって流れ、フィルターの下までぎっしり詰まったコーヒー粉の層をじっくりと通過するため、旨味(コーヒーオイル)をより多く抽出することができます。「ネルドリップに近い抽出ができる」と言われるのはこのためです。もうひとつは内側に刻まれたこの螺旋状のリブ(凸部)。
ペーパーとドリッパーの間に少し空間をつくることで、蒸らしの際に空気がほどよく抜け、珈琲の粉がしっかりと膨らむ…という役目も果たしています。また、注目すべきポイントは、下に空いた大きめの穴。お湯が溜まらず流れるので、 ゆっくり注いで濃厚な味に、手早く注いでスッキリした味に…と味わいに自在に変化をつけられます。(引用:https://kinarino.jp/cat2-生活雑貨/10094-日本発、世界が認めたドリッパー「hariov60」は何が凄いの?)

V60の特徴といえば、
螺旋構造のスパイラルリブ。

この構造のおかげで、
ドリッパーの中でも
お湯の抜けがダントツに早い。

こまめ
だからこそ、
浅煎りから深煎りまで
幅広く対応できる
汎用性の高さがウリ!

そんな《V60》に
特殊なモデルが登場します。

V60 粕谷モデル

簡単に言えば、
HARIOと「粕谷 徹」さんが
コラボした限定モデルです。

「粕谷 徹」とは?
コーヒー抽出の世界最高峰の大会WORLD BREWERS CUP 2016で、アジア初の世界チャンピオンに輝いたバリスタ。コーヒー業界に足を踏み入れて3 年で独自の「4:6」メソッドにより、WORLD BREWERS CUP 2016 でアジア初の世界チャンピオンに輝く。現在は日本を含め世界各国でコーチング、企業へのコンサルタント、製品プロモーションや商品開発を行うだけでなく、大会のジャッジを務めるなど次世代のバリスタ育成にも尽力している。
【引用】https://www.hario.com/pickup_kasuyamodel/

誰でも簡単に美味しいコーヒーを
淹れられる「4:6メソッド」
という抽出方法を開発した方です。

「4:6メソッドとは?」
総湯量を4割と6割に分けて、
●最初の4割でコーヒーの味が決定する。
●あとの6割で濃度を調整する。
●コーヒーのおいしい部分だけ抽出する。
という考え方です。
【引用】https://every-coffee.com/article/world_champion_coffee_drip.htmlk

字だけでは分かりにくいので、
お時間あれば動画もご覧ください。

こまめ
この抽出法も楽しそうなので
また別の機会に遊んで記事にします♪

本題ですが、
《V60粕谷モデル》は
単純に色を黒くしただけではありません。

こまめ
クセが強く
元の《V60》とはまるで別物
粕谷モデルならではの独特な抽出を楽しめます♪

《V60粕谷モデル》の特徴

通常モデルよりも
圧倒的に抽出が遅い
これに尽きます。

ペーパーフィルターを
使用するドリッパーの中で
相当遅い部類です。

その秘密は途中で途切れたスパイラルリブ。粉に湯が行き渡ると、ドリッパーとフィルターがピタリとくっつき、空気の逃げ場が無くなります。

ドリッパーに空気が入ろうとする力と、
お湯が落ちる力が喧嘩して鬼のように遅くなるという原理。
ワイルド木下
見た目が同じでも、
リブが違うだけで
ドリッパーの性能は変わるって事や!

では、
通常モデルと比べて
どれくらい違うのか
検証していきましょう。

抽出検証の条件

■豆量:30g
■注湯量:380ml
■抽出結果量:300ml
■蒸らし湯量:30ml
■蒸らし時間:20秒
■注湯完了時間:60秒
■湯温:90℃
■挽き目:中挽き

今回は単純な抽出時間を
検証するため、
美味しさに関しては
度外視で抽出します。

こまめ
今回使用する豆は
グァテマラSHB。
ブレンドにもよく使われる
汎用性の高い優秀な豆です♪
グァテマラとは
グアテマラ共和国(グアテマラきょうわこく、スペイン語: República de Guatemala)、通称グアテマラは、中央アメリカ北部に位置する共和制国家である。北にメキシコ、北東にベリーズ、東にホンジュラス、南東にエルサルバドルと国境を接しており、北東はカリブ海に、南は太平洋に面する。首都はグアテマラ市。
先コロンブス期にはマヤ文明が栄え、現在も国民の過半数はマヤ系のインディヘナであり、メキシコを除いた中央アメリカで最も人口の多い国である。国民総生産の4分の1を農業が占める。農業は輸出の3分の2を占め、また労働人口の半分が従事する。主要産品は、コーヒー、砂糖、バナナである(引用:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/グアテマラ)
コーヒーとグァテマラの関係
グアテマラは18世紀中ごろにコーヒーが持ち込まれ、栽培が開始されたといわれています。日本の3分の1程度の大きさの国であるにもかかわらず、コーヒーの生産量は世界第10位程と中米を代表するコーヒー生産大国です。
グアテマラは、国土の約70%が火山に囲まれた山岳地帯になっています。厳しい寒暖差や豊富な雨量、火山灰の土壌などコーヒー栽培には絶好の条件がそろっており、高い品質のコーヒー豆を生産しています。
グアテマラにはコーヒーの生産地がたくさんありますが、特に上質な豆が栽培されていることで有名なエリアが8つあります。アンティグア(Antigua)地区、フライハーネス(Fraijanes)地区、アティトラン(Atitlan)地区、コバン(Coban)地区、フエフエテナンゴ(Huehuetenango)地区、サン・マルコス(San Marcos)地区、ニュー・オリエンテ(New Oriente)地区、アカテナンゴ(ACATENAGO)地区。標高や気候条件が微妙に異なるため、同じグアテマラ産のコーヒーでも地域ごとにそれぞれ特徴があります。(引用:https://suzukicoffee.co.jp/860/)
グァテマラ産コーヒーの特徴
グアテマラコーヒーは果物を思わせるやや強い酸味と、花のような芳しい香りが特徴的。地域ごとに個性は出ますが、総じてグアテマラコーヒーは複雑な味わい・香りを有する上品なコーヒーです。標高が高くなるほど風味も豊かになり高品質とされ、等級は生産地の高度で7等級に分けられます。最高等級は標高1350m以上のSHB(ストリクトリーハードビーン)、1200~1350mはHB(ハードビーン)、以下SH(セミハードビーン)、EPW(エクストラプライムウォッシュド)…と続きますグアテマラで生産されるコーヒーの95%以上が水洗式(ウォッシュド)と呼ばれる処理で生産されています。水洗式ではコーヒー豆を加工する際、コーヒーチェリーの果実部分を洗い流してしまうため発酵による風味生成が少なく、果実味のある酸味がシャープに出やすい傾向があります。そのため、同じようにボディが重いとされるブラジル豆などよりも個性を感じやすいと言えるでしょう。

(引用:https://suzukicoffee.co.jp/860/)

こまめ
このグァテマラ豆を
中挽きにして検証スタート!

HARIO「V60 粕谷モデル」の比較検証動画

こまめ
要所要所をピックアップして
解説していきます♪

「V60 粕谷モデル」比較検証の解説

豆を挽く~蒸らしまでは特段変わった様子はありません。
20秒蒸らした後に注湯開始。蒸らし含めて1分で目標注湯量まで淹れます。

通常モデルは1分50秒で目標抽出量に達しました。

粕谷モデルは2分経過した時点で、まだ100ml程度。

最終的に300ml抽出するのに8分30秒かかりました。
こまめ
これだけ差があれば、
全く別物のドリッパーと言えますね!

「V60 粕谷モデル」比較実験のまとめ

「V60 粕谷モデル」は
《4:6メソッド》を前提にした
独特な特徴を持つドリッパーです。

その独特な性質から
ハンドドリップをより丁寧に拘れる器具と言えます
こまめ
汎用性の高さなら通常版ですが、
ペーパーでじっくり抽出する器具はとても珍しい!

豆が漬かる時間が長いので、
《4:6メソッド》以外で抽出する時は、
以下2つの方法がベスト。

★中挽きで80℃抽出
★粗挽きで90℃抽出

中挽きで80℃抽出をすると
濃厚でまったりとした
味わい深い風味に仕上がります。

↓低温抽出は記事参照↓

関連記事

    こまめ 先日、不味いコーヒーがどんなものか学習しました(涙目) [sitecard subtitle=関連記事 url=https://seikatu-goods.com/household/2020/01/12[…]

逆に粗挽きの場合は、
あっさりした香り高い風味のコーヒーに。

こまめ
「粕谷モデル」の抽出方法は
次回詳しく検証します。
また次回お会いしましょう♪
V60抽出検証
Twitterで毎日役立ち情報をチェック♪